モデルでタレントのアンミカさんが腎盂腎炎で倒れた、と報道がありましたね。

腎盂腎炎ってあまり聞かない病名ですよね。一体どういう病気なのでしょうか。原因や症状についても調べてみましょう。

 

アンミカが診断された腎盂腎炎とは

906417df89aba717fde07e0fb8816a00

アンミカさんが診断された腎盂腎炎とはどんな病気なのでしょうか。

 

腎盂腎炎はその名の通り、腎臓に関する病です。腎臓に細菌が運ばれてそこで炎症を起こすものです。

細菌が膀胱から尿管をさかのぼって腎臓まで達することで引き起こされます。

 

膀胱炎に伴う腎盂腎炎もありますが、その他の病気が隠れていることもあります。結石や全身的な病気(例えが糖尿病)から腎盂腎炎にかかることもありますから、まずは原因を調べることが大切と言われています。

 

私の整体院でも腎盂腎炎で大変だった、という方がたまにお見えになります。

性別では圧倒的に女性が多いです。

 

女性は男性に比べて膀胱炎にもなりやすいですし、泌尿器系が菌に感染しやすい、と言われています。それは実際、現場にいても感じます。

今まで、男性で膀胱炎の方には出会ったことがありませんが、女性で膀胱炎の方はかなり多い印象です。年代別では50代以上の方が多いです。

 

腎盂腎炎の症状と対処法

photo-1438979315413-de5df30042a1

腎盂腎炎の症状ですが、まるで風邪のような症状が出ます。高熱、悪寒、だるさ、嘔吐する方もいます。なので風邪かな?と思う方も多いです。

こんな症状だったら、普通、風邪って思いますよね。

腎臓辺りに痛みを感じる方、腰痛、残尿感を感じる方もいますので、そうだったらなんとなく内臓がおかしいのかな?と気付けるかもしれません。

 

対処法としては病院で腎盂腎炎という診察がされたら、抗生物質が処方されて安静にしておく。それが一番多いです。

 

しかし、上記は急性の場合で慢性のケースはまた変わってきます。自覚症状がないケースもあります。特にお年寄りの場合は注意が必要です。

 

お年寄りの方で、お知り合いの方が腎盂腎炎でした。こちらの方は常々腰痛があり、熱などはなかったために発見が遅れました。尿に関する不快感はお年寄りでしたら普通にあることなので、ご本人も気づかなかったそうです。

 

周りの方もお子さんやお年寄りの様子が普段と違うなど、何か異変を察知するようにしたいです。

 

腎盂腎炎とストレスの関係

3992-450x337

腎盂腎炎がストレスと関係?

まず、細菌に感染する、というのは健康体ではあり得ませんので、菌に感染している時点で体は異常事態になっていると言えるかもしれません。

 

なぜなら健康体であれば細菌は免疫によってガードされるからです。それがガードしきれなくて、腎臓にまで達してしまったのであれば、なんらかのストレスによるもの、とも言えると思います。

 

東洋医学的には感情の大きな変化で内臓に影響がある、と言われています。腎臓であれば、ひどく驚いたり恐れたりすると腎臓にダメージがくると。

 

 

アンミカさんのケースで言いますと、とても多忙な毎日を送られているので免疫系がお疲れだったのかもしれません。またはストレスから免疫が落ちたのかもしれません。

 

アンミカさんのブログには毎日華やかな交友関係が綴られています。ビジネスも軌道に乗っているようですし、タレントとしてもテレビやイベントなどにも出演されていますよね。これで疲労がないか、と言ったら嘘になるかも。。。

 

ブログ内では長いモデル生活で、倒れて仕事に行かなかったことはなかった、と綴っているように、ご自身でも初めての大きな病のようですね。

 

お忙しい毎日でいつまでもゆっくりと、とはいかないでしょうが1日も早く元の通りにお元気になるといいですね。

 

まとめ

腎盂腎炎について書いてきました。

膀胱炎になったことがある方は聞いたことがある病気かもしれませんが、一般には知らない方も多いと思います。

日々の健康管理や生活習慣もこうした病には影響が大きいので、暴飲暴食や夜遅くまで起きるなど、免疫力を下げる生活には気をつけたいですね。

 

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。