girl-677576__340

こんにちは!

毎日お仕事、家事に育児にお疲れ様です!

お疲れではないですか?

 

「仕事仕事で自分の時間もなくて、健康のことなんて二の次だよ!」

「健康に生きていきたいけど、体力がないんだよね」

「ビジネスで成功したいけど、健康とビジネスの成功って関係しているの?」

「とにかく豊かになりたい!!」

というあなたのために!

 

今日は健康的にいきていくための体力と豊かに生きることについてお話ししていきたい思います。

 

健康的に生きるための体力について

 

まず初めに、

健康的に生きていくための体力について話ししていきます。

 

私自身が整体で関わる方や、知人とお話しさせていただくと

健康的に生きていきたいけど、体力が続かない、

いろいろなことに挑戦したいけど、体力的にきつい、

という方は多いです。

 

自分のお話をさせていただくと、

自分の人生で不調だった時代は体力的な問題よりも

マインド面が非常に悪かった時代でした。

非常に悪いというか、半分おかしかったかな。

 

ぜんぜん自分らしくなかったですし、

自分の良さが全く表に出てこない時期です。

 

こころにはいつも重りが付いているような感覚がありました。

 

体力的にきついな、

もう年なのかな、

 

と思うということは

もしかしたら、

今やっていることが何か無理があるか、

本来の自分の理想とは違うことをしているかもしれません。

 

私自身は

いろいろなお仕事を経験しました。

飲食から家庭教師、営業、経理事務、ライター、翻訳、編集、巫女のバイト、などなど。

もう忘れてしまった職業もあるので、全部じゃないと思います。

 

今思い返してみると、

この職業歴の中で、無限に体力が湧いてきていつも元気だった時って、

生きがいを見いだせていた時でした。

 

どんなお仕事をしているか?

ではなく、

どんな仲間と働いていて、自分の夢に向かって進んでいる時でした。

 

そういう、

自分のエネルギーの源泉につながっている時って

体力が無尽蔵に湧いてきます。

 

今でも睡眠時間が4時間くらいでも

やっていることが自分の理想に無理ないことであれば、

そして誰かがそれで笑って喜んでくれたら

全然大丈夫なんです。

 

他のサイトや本などで「体力」の付け方はたくさん書いてあると思いますが、

現時点では

むしろお仕事と自分の関係性によると思うんです。

 

自分がどうしていきたいか、

もう一度見直してみることが必要かなと思います。

 

もちろん、

理想に向かっているとはいえ、

無茶な働き方はいけませんよ(^_^;)

 

ただ、時に無茶をしないといけないこともあります。

365日じゃなくて、一年のうちに数十日くらい?は

「背伸びして背伸びして」って感じじゃないと理想なんて届かないのかなぁって思います。

 

とはいえ、それでは話にならないので、

次はお体と心に焦点を当ててみたいと思います。

 

 

健康的に生きる体力を手にする方法

freedom-2218621__340

さて、突然ですが問題です。

健康的に生きるための体力がグーーン!!とアップするために

必要なことって何でしょう?

 

例えば、

あなたが今、フルマラソンを走っていたとします。

初めてのフルマラソンで足もガクガク、ブルブル、

体力の限界が近づいているのは自分が一番分かっています。

素人とはいえ、忙しい中毎日ランニングを欠かしたことはありませんでした。

毎日練習した、という経験の積み重ねが自信となり、今日ここまで走ってこれました。

また、沿道には思った以上の応援団がおり、見ず知らずのあなたにも大きな声援を送ってくれます。

足が痛くなっても、息が苦しくなっても声援が聞こえてくると俄然やる気が出てきます。

そんなこんなでとうとう40キロ地点まで走り続けることができました。

ふと目を上げると、「残り2キロ!」というボードが見えました。

 

ここでどんな心になるでしょう?

 

①「やった!後2キロだ!後たったの2キロだ!一踏ん張り!今までの練習と声援のエネルギーをもらっていくぞ!」

②「え?まだ2キロもあるの?もう足はガタガタだよ、後数百メートルだと思ったのに!もう無理、もうどうでもいい」

 

さて、

ここで②の心になった途端、足は止まります。

一方で、①の心になった時、ゴールまできっとこぎつけられます。

 

何を言いたいか、というと、体と心は常に一体なのです。

 

もっというと、体と心とスピリットが一つになった時、

今まで以上の体力が湧いてきます。

 

自分らしく生きられて、自分の良さを外にどんどん発揮できます。

 

つまり、マラソンの例だと、

体は疲れているけれども気持ちよくゴールまで走ることができます。

 

体と心とスピリットの3つがバラバラになっていると

何事もうまくいきません。

時に心身に病気や不調として出てきます。

 

じゃあ、その3つを一つにするにはどうしたらいいの?

というと

私は整体師ですから体に注目しています。

体から整えていこう、そうすればこころやスピリットとのバランスも取れてくる、と。

 

もちろん体だけでいいのか、というとそうではないですが、

現代においては多くの場合でからだが置いてきぼりを食っているのです。

 

頭や気を使う場面が多すぎて、体を使うことが極端に少ないのです。

 

体を使わないと感覚も鍛えられません。

すると、動物としても能力も落ちていってしまうのです。

こころとスピリットとのバランスも取れなくなってしまいます。

 

一方、

体から整えていく、というと

トレーニングやボディメイク、ダイエットなどを想像するかもしれません。

 

しかし、それは体を整えることの一部であったり、

もしくは一部を取り出してちょっと違う方向へ解釈されたものだったりします。

 

体を整える、そのスタート地点には自分のからだに敬意を払うこと。

これが抜けていると、追い込み系のトレーニングとかムリのあるダイエットになってしまうのです。

 

健康とビジネスの成功と豊かさの関係

dress-864107__340
上記で「自分のからだに敬意を払う」と書きました。

敬意とは敬う(うやまう)ことですね。

 

「体を敬うってどうしたらいいの?」って思う方もいるかと思います。

 

体を敬うとは

「身体をご神体として扱う」

ということ。

 

身体(しんたい)とは神体(しんたい)。

同じ読み方ですよね。

 

ご自身の身体をご神体だと思って接していただきたいのです。

 

この体は目に見えるもので、生まれたときから自由に使えていますが、

やがて時が来たら土にかえっていきます。

そう考えていくと、当たり前にあるこのからだも実は一時的に使わせていただいているだけです。

 

こころとスピリットの居場所としてのからだ。

そこは神体。神様の居場所のようなものです。

 

(あ、ちなみに私は特定の宗教は持っておりません。

結婚式は神前式、たぶんお葬式は仏式で行われると思いますが。。。)

 

でも、自分自身のからだは神体だと思うのです。

体には本当に不思議な力が備わっていて、

たぶんこの文章を呼んでいるあなたは、あなた自身に潜んでいるパワーを知らないかもしれません。

 

「治癒力」などとして言語化してしまうと陳腐なように聞こえますが、

私が整体師として日々からだと向き合ってきて感じているその力。からだの持つパワーは想像を絶します。

 

癒したり、治したり。

その能力はあなた自身がすでに備わっているのです。

ただなにかの拍子でそれが作動しなくなってしまっているだけなんですね。

 

残念ながら、多くの方は自分がもつパワーのすばらしさを知らないで人生を終えていくと思います。

 

パワーを知ったからと言ってどうって訳ではありませんが、

どうせだったらもっともっと高みを目指して

自分の体のパワーを信じて可能性を広げていきたくないでしょうか。

私はそう思います。

 

なにかのご縁でこの体を与えられたわけですから(^_-)

 

じゃあ、そのお身体を大切に扱うことと、

ビジネスの成功と豊かさってどう関係するのかってことですが、

 

最近、ビジネスで成功している人と時間を過ごさせてもらうことが多いんですね。

そういう方々とお話ししていて、一緒に過ごしていて気づいた特徴があります。

それをシェアしますね!

 

ビジネス成功者で豊かに生きている人の特徴

・どんな人に対しても敬意を払う

・人の気持ちがわかる

・人の喜ぶことをするのが好き

 

という特徴がありました!

 

この3つの特徴がある、ということは

・自分自身に敬意を払っている、

・自分自身のことをよく分かっている

・人を喜ばせることで自分が喜ぶことを知っている

 

ということなんです。

 

そのうちの一つめ、

「自分自身に敬意を払っている」

ということですが、

 

自分の体を大切に扱う

こともそうです。

 

現に豊かなに暮らしている人たちは健康に関して敏感ですし、

そこにたくさんのお金を費やします。

 

自分自身を大切に扱うことができるから、

人のことも大切にできるんですね。

 

それは自分の尊厳を守ることもそうです。

自分を卑下したり、ダメ出しばっかりして欠点ばかり目がついたら、

やっぱり人のことも卑下したり、ダメ出しばっかりして欠点ばかりが目についてしまいます。

 

他の項目の、

・人の気持ちがわかる

・人の喜ぶことをするのが好き

であれば、自然とビジネスが上手くいくのも当然ですよね。

 

それ自体も、

自分の心身が健康で感覚が鋭ければ

人の顔色や所作でその人の気持ちを察することもできます。

 

自分の心身が健康であれば、

余裕が出てきて、人の喜ぶ顔を見るためにお仕事をすることもできます。

 

このセクションでのまとめは

健康的な大量とビジネスの成功と豊かさはリンクしている。

 

 

ワークアウトやダイエットについて

lgf01a201407180100

 

ここからはちょっとワークアウトやダイエットに関してお話しします。

 

体を壊したり、失敗する人はからだを大切に扱っていない方と感じています。

 

体を追い込むようなことをしたり、

無理な食事制限をしたりというのは実は自分自身に対して残念と思うのです。

 

私自身、

がむしゃらにトレーニングしたり、

ダイエットした経験もあります。

 

当時の私は体のことを大事にしていたとは言えませんね。

(^-^;むしろ雑に扱っていたからこそ、からだはボロボロ。人生もうまくいっていませんでした。

とは言っても、

内臓や脳は毎日あなたの命をつなぐためだけに全力をささげています。

 

その中で、

急に運動を始めたり食事制限をしたらからだも脳もびっくりして「元に戻して」ってなります。

 

だからこそ

ダイエットは多くの人にとって難しいし、

リバウンドも当たり前のように起きます。

 

それではどのようにして始めたらいいのか。

 

私は以下のことをおすすめします。

 

これから自分がどうなっていきたいかを考えて、

そのイメージをくっきり頭の中に焼き付けること。

 

「どうなっていきたいか」

ということは生き方やライフスタイルにも通じるものです。

 

ただ「痩せたい」「太っているのがイヤ」

というより、

 

「こうなりたい」「こういうライフスタイルでありたい」

と自分の健康的なからだと生活や人生をリンクさせていきます。

 

私の場合は

・年を経るごとに健康になりたい。

・日本や世界各地を旅したい。そのための体力をつけたい。

・1人でも多くの方が輝いていくお役に立ちたい。そのために健康でいたい。

・女性らしい温かさ身につけて、多くの方に影響を与えたい。

 

今現在はこういう想いがあります。欲張りかな(^-^;

 

目的や「こうありたい」というのが先にあります。

 

からだを大切に扱うというのは大前提ですが、

「なぜ毎日からだにに気を配った生活をするのか?」

というとその先に自分の理想の世界があるからです。

 

だから、

体はもっと大切にして敬意を払わないといけないなと思うんです。

 

ですので、

からだを追い込んだトレーニングをしたり、

わき腹についている贅肉を嫌がったりしたら、

それは体も嫌がるだろうな~と思うのです(^^;

 

 

「あなたはもっと輝ける。もっと美しくなれる。もっと潜在的な力がある。

だからそのためにからだを作っていこう。

できるところからトレーニングもしようよ。

からだが喜ぶような食事を摂っていこう。

その先にあるまだ見ぬ自分と出会えるから」

 

と耳元でそっとささやかれたらどうですか?それも毎日。

俄然やる気が出てきませんか?(^^♪

 

それでは次に健康には欠かせない水分についてもお話ししていきます。

 

健康と水分の重要性

水分の大切さはいたるところで見たり聞いたりしているのと思います。

人間の身体は約6割を水分で構成されているといわれていることからも、その大切さはわかります。

新生児では8割、幼児は7割とされています。年齢を重ねるごとに水分量は減っていきます。

 

よく、人の若々しさを表す言葉に「みずみずしい」と言いますが、まさに言いえて妙ですね。

 

若々しさは水分と密接にかかわっています。

ですから、水を継続的にとらないとエイジングも進んでしまいます。

健康的に生きていくためには、そして自分のパフォーマンスを高めるためにも水分補給は非常に大切です。

 

また、水分を取っているのに間違った水分補給をしていたら、

せっかくの努力が水の泡。どころかかえって体への害になってしまいます。

東洋医学には「水毒」という考え方もあるくらいですから、体内の水の流れを良くしておくことも大切です。

 

 

水分不足になると

人は水分不足になると、

老廃物を運ぶことも血液を運ぶこともできなくなってしまいます。

生命の維持に影響を及ぼしてきます。

 

健康的な体を手に入れるには水分の取り方が

非常に大きな役割を担っています。

 

日本は水が豊かな国ですから、水に対して危機感がないのかもしれません。

 

海外に行くと、水はとても貴重ですし、

乾燥がひどいですから人々は常に水筒を持っていて常に水分補給している姿が見られます。

 

一方、日本は比較的湿度が高い季節が多いため、

真夏の暑いとき以外はあまり水分不足を意識しないかもしれませんね。

 

私のサロンでは不調の場合、水不足のチェックは必ず行います。

そして8割から9割の方に水不足のサインが現れています。

 

その症状は非常に多岐にわたります。

 

信じられないかもしれませんが、

水分不足が引き起こすのは

肩こりや首コリ、頭痛、腰痛、ひざ痛、心臓や肺機能の低下。。。

などなど。

 

どこに症状が出るかは

実際にチェックさせていただかなければ申し上げられませんが、

水分不足が引き起こす弊害は千差万別です。

 

ですので、

・普段から水分を気にして取っていない方

・健康的に生きていきたい方

はぜひ水分をとる生活を今すぐ始められることをおすすめいたします。

 

 

水分補給の正しい仕方

bottle-2032980__340

「水分なんてどうってことないでしょ、のどかわいたらごくごく飲めばいいでしょ。」

 

ともしかして思っていませんか?

 

思ったら大間違いです(^^ゞ

 

という私も数年前までそう思っていました!(笑)

 

 

実は水の摂り方にはルールがあります。

 

その中でもヘルシーに自分を作り上げるうえで、

必ず守っていきたいルールをシェアしますね。

 

 

健康的な水分摂取の3つのルール

1、水は浄化したもの(含ミネラルウォーター)を飲む。

2、朝起きたら一番に水を飲む。

3、食事中、前後は避ける。

 

です。

どれも簡単ですよね。驚くほど。

これだけで体はベースが整ってくるでしょう。

 

一つ一つ簡単に説明していきますね。

1の浄化したお水。

もし天然水や大地のパワーが満たされたナチュラルなお水を手に入れられたら

それに越したことはありません。

 

しかし、ほとんどの人にとっては

水道からの水がもっとも手に入りやすいお水と思います。

 

その場合は水道水は直接飲むのは避けてください。お子さんにも同様にされてください。

 

2の朝一番でお水を飲む。

これは夜寝ている間に、からだの浄化が進んでいまして、

体内はカラカラになっています。

そして血液はどろどろになっています。

 

朝一番に水を飲むことは健康的に生活するうえで欠かせません。

はじめはコップ1杯から始めて、徐々に増やして400ccから500㏄くらい飲んでいきたいです。

 

3の食事中と食事前後は水分を避ける。

これは内臓が消化に集中するためです。

水分は消化に良いようなイメージがあるかもしれませんが、実は全くの逆です。

 

お味噌汁やスープなどはOKです。

純粋な水やジュースなどは消化の妨げになってしまい、

内臓に大きな負担をかけることになります。

 

以上、健康的な体力をつけていく上で、

健康的にいきていく上で必要なお水の取り方についてでした。

 

ちなみに、

世間でセレブと言われている人たちはお水に非常に気を使います。

そして水分補給にも細心の注意を払っています。

決して水分不足にならないように気を配りながら日々生活しています。

 

成功者たちは水が握る重要性に気がついているんでしょうね。

 

次は絶対的に必要な睡眠についてお話ししていきたいと思います。

 

健康と睡眠とパジャマについて

オーガニックコットンの肌着やパジャマを着たことがありますか?健康になる上でぐっすり寝ることはとっても重要です。

一つのアプローチとして、オーガニックな衣服について考えてみましょう。

オーガニックコットンのパジャマで寝た感想

「オーガニックコットン」って聞いたことありますか?

なんとなくエコなイメージがあるけど、普通のコットンとどう違うのかな?

普通のコットンとオーガニックコットンは栽培過程から始まっています。

普通のコットンは栽培から化学肥料と農薬が使われます。農家の人も常に農薬などの被害があります。

糸にする生産工程でも薬品が使われます。

一方、オーガニックコットンは認証機関が基準を設定して、人と環境に負担がないように設計されています。

栽培段階から加工に至るまで科学的な処理がないもの。

生産農家や土地も汚染がないですし、農家も働く環境が保たれます。

近年、いろいろな企業がオーガニックコットンを使用して、商品にしたりしていますよね。

いろいろなところで気軽に買える商品になっています。

オーガニックコットンの肌着やパジャマの感想

IMG_4443

オーガニックコットンの肌着やパジャマを着たことありますか?

私自身は今までオーガニックコットンのパジャマを着たことがなかったのですが、ある日、オーガニックコットンで日本製のパジャマをプレゼントされました。

その着心地が最高だったので、ここでシェアしますね。

その商品は「通販生活」という通販の商品でした。

ホームページをチェックしてみると、

素材は、国際有機農業運動連盟(IFOAM)のガイドラインを満たしたオーガニックコットン100%。肌触りがなめらかなので「化繊の起毛生地は肌がチクチクして苦手」という敏感肌の人も気持ちよく眠れるはずだ。

とあります。

私自身はそれほど敏感肌でもないですが、生理前とか疲れていると少し敏感肌になります。

このパジャマを着ると、包まれたような安心感で、服を着ているという感覚がなくなりました。

今まで30数年間生きてきて、着ている感覚がなくなることは始めて!

シルクのブラウスなどでも着ている感はあったのに。

このパジャマで寝ると、本当に安眠できるんです。

もともと、

睡眠は問題ありませんでしたし、夜中に目を覚ますなんてこともなかったです。

でも、

このパジャマを着ると、睡眠がパワーアップする、というかよりアクティブに睡眠をとれるんですね。

睡眠の質がUPするんです。本当にリラックスして眠れる。

オーガニックコットンは下着を数枚使っていました。でもここまでの実感はなかったです(^-^;

というのも、オーガニックコットンにもクラスがあって、自分にあうあわないの相性もあるのだと感じました。

日本製とか外国製でも違うでしょうし、縫製も影響しているかもしれません。

今までパジャマにはそれほど気を配ってきませんでした。

コットン素材がすきなので、コットンであれば。。。。と思っていたのです。

しかし、自分に合う日本製のオーガニックコットンに出会い自分に合うオーガニックな服を選ぶことは睡眠の質に影響を与えるのだなと思いました。

贅沢な睡眠と健康との関係

baby-1742119__340

贅沢な睡眠とはどういうことか。

私は睡眠のパワーについて最近特に気にして考えています。

睡眠時間ももちろん大切ですが、睡眠のタイミングやリズムも大切です。

睡眠中には健康になるためのホルモンが出されていますから、早い時間に眠って十分な時間眠り続けることが、長期的に健康を得るには必須になります。

お肌の修復も睡眠中に行われます。

体内の修復も同じです。

睡眠中は内臓の負担も軽くなりますから、余計なエネルギーや酵素を無駄遣いしないで済みます。

脳も寝ているときに休息を得るわけですから、次の日に思い切りしごとや勉強、スポーツなどにに集中するためにも質の良い十分な睡眠は欠かせません。

さらにいつまでも若々しく理想的なボディメイクをしていくにも、睡眠は大いに役立ちます。

快適で適切な睡眠をとることで、食べ過ぎを抑えるホルモンが増えて、食欲が増すホルモンが減るのです。

あなたにとって快適な睡眠をとることで、ナチュラルなダイエットができるのですから活用しない手はないですよね!

まとめ

bed-1846251__340

オーガニックコットンのパジャマで睡眠の質があがったよ!というお話を書いてきました。

肌に触れるものはオーガニックにしましょう。

たったこれだけでストレスが減ります。

例えば、ケミカル素材の肌着を毎日着ることは肌にストレスを与えています。

ストレスが蓄積すると、

活性酸素が高まったり、

免疫力が低下したり、

静電気がたまったり、

その他いろいろあるので割愛しますが、健康をクリエイトするうえでは邪魔なものばかりです。

たかが肌着じゃないか。扱いやすくて値段も手ごろな化学製品がいいよ、

と思うかもしれません。

しかしです。一度でいいので、日本製のオーガニック製品やパジャマを肌に触れさせてください。

百聞は一見じゃなくて、一触にしかずです(^^)

とくにエイジングが気になる方はぜひオーガニックです。

オーガニックコットンはしっかりしていて、長持ちなのでもコスパも長期的に見たらいいです。

なによりこのリラックス感!あーだこーだ言う前に、このリラックス感さえあればもういいかな(笑)。

大人の女性は肌着から、ともいうでね☆

 

 

デトックス:ヘルシーに生きる基本中の基本とは。

ヘルシーにこれからの人生を過ごし、自分の才能を開花させて自由に生きていく。そんな人が1人でも多くなってほしい。

そのために本当に必要なデトックス法とその考え方をシェアしていきますね。

デトックスの基本 腸をキレイにする

「デトックス」というワードは数年前から使われて、いまや毎日のようにどこかで見かけます。

デトックスが必要なんだろうな~とはなんとなくわかっていても、実際どうすればいいのか?となると具体的にわかりませんよね。

デトックス一言で言っても、からだのデトックスからメンタル、脳のデトックス。さらに生活環境のデトックスなどなど、やることを挙げていったらきりがありません(^^ゞ

ですので、

今回はからだのデトックスに焦点を当てて考えていきましょう。

私がいままで数々のダイエットや健康法を試し、最終的にたどりついた答え。

それは腸のデトックスです。

いろいろな方法を試すうえで、幸運にも世界のあらゆる健康法を研究する素晴らしいメンターにも出会えました。そのメンターも腸のデトックスの重要性においては間違いない、という見解。

健康というと、

クリーンな食物を取り入れる、とか

運動を始める、とか、

そんなことが思い浮かびますよね。

今の日本人にとって一番必要なこと。それはデトックスです。

不要なものを先に出さなければ、いくら良いものを取り入れてもゴミとみなされてしまいます。

女性の方はイメージしやすいと思いますが、

メイクをしたまま超高級化粧水をつかっても、

全く効果が見られないどころか、かえって肌が荒れてしまいます。

まずはメイクをオフしない限り、

どんな良いものでも無駄なものになってしまいます。

健康においても、

まずは体内のゴミが集まる腸をクリーンにしてからでないと、

何も始めることはできないのです。

腸と肌は繋がっている

肌は第二の排泄機関です。

肌の状態を見れば、腸や内臓の状態がわかります。

その人が大切にしていることや幸せかどうかなども読み取れます。

腸から体内の余計な毒物を排泄できていれば、

肌から排泄する必要がないからです。

そう考えていくと、美容や美しさを追及するにあたり、

ブランド化粧品や最新化粧品、エステを追いかけることが早道なのかどうかがお分かりいただけると思います。

肌だけを見ると時間とエネルギー、お金を浪費することになりかねません。

からだは全体で一つ。

腸壁も胃壁も手のひらも顔の皮膚も頭皮もすべて繋がっています。

どこかで消化の悪いものを摂取したら、その反動がどこかに出てきます。

一方、からだに負担がかからない習慣を続けていたら、それは必ず結果が目に見えるでしょう。

始めに腸をキレイにすることから始めよう

woman-hands-1207952_960_720

ヘルシーなからだに生まれ変わり、自分の持てる力を発揮して生きていきたい!

そういう想いを少しでもお持ちでしたら、

腸をキレイにすることから始めましょう。

昔の日本、第二次大戦前後くらいまでの日本はコンクリートの道も少なく、土がたくさんありました。

そこには微生物がたくさんいました。私たちの体の中も微生物だらけ。

微生物さんたちはすごいエネルギーを持っていて、

私たちのからだのバランスを保ってくれています。

私たちのからだには細胞が60兆個あると言われていますが、

微生物さんはいくつくらいあると思いますか?

数百兆です。細胞数よりも多いとされています。

微生物さんは呼吸から消化吸収、排泄などの生きるための活動をサポートしてくれています。

腸は微生物さんが一番たくさんいるところ。

その腸を整えるれば、微生物さんたちが心地よく働いてくれます。

ゆえに、

私たちのからだもパフォーマンスが上がっていくのです。

最近では「腸活」という言葉も出てきて、腸の大切さが知られてきています。

ただ、世間で言われている「腸活」は何か新商品を売り込むための流行語の様であったりするので注意が必要です。

腸の微生物は、

・スムージーを飲んだり

・乳酸菌を工場加工品を食べて増やそうとしたり、

・ヨーグルトなどの乳製品を食べたり

などで活性化するものではありません。

昔の日本人の体力はすごかった!

osaka-castle-1398124_960_720

例えば、
江戸時代の飛脚を思い浮かべてください。

彼らは日に何百キロと走り通しに走ったとされています。

食事は牛肉やプロテインなどもちろんありません。

玄米と漬物程度でしょう。

小柄な女性も数十キロもの米俵を担いでいたとのこと。

食事についても同様でしょう。

なぜ、私たちの祖先はそれほどまでにすごい力を持っていたのでしょうか。

その謎のカギを握るのは、ひとつに腸内の微生物さんの存在です。

発酵食品や野菜自体にも多くのエネルギーが入っていて、
日々の粗食で取り入れていました。

今の私たちがその頃の食事ができるか、と言ったら残念ながらほぼ不可能でしょう。

土壌も数十年で変わり果ててしまいました。農薬に化学肥料、大気汚染や水質汚染など。

かつての日本が持っていた土地の持つパワーは取り戻すことは簡単ではありません。

しかし、
腸をきれいに保つこと。腸内革命を起こすことは可能です。

加工食品やジャンクフード、添加物などをとることで体内・腸内の微生物さんがどういうことになるのか。

ちょっと想像してみてほしいのです。

少しの便利を求める気持ちや欲望をすこしだけストップしてみましょう。

そういう私も加工品を食べることも、外食することもあります。

問題は何も考えないで食べたり飲んだりするのが最も危険です。

決して添加物を食べない、というのはもはや不可能でしょう。

現状をなげくのではなくて、

今日からできることはなにか、を考えていきましょう。

できないことをかぞえるのではなく、今からできること。必ずあります(^^)

お味噌汁だけでも作ってみようか。

お漬物を作ってみようかな。

まずはそんなスモールステップから始めてみましょう。

「午前中は排泄タイム」

と言われています。

朝食には消化の良い食物をたべることで、胃腸に負担をかけずに、排泄に徹してもらえるようにする。

果物や野菜は消化にもエネルギーを使わないため、とてもおススメです。

お味噌も発酵食品なので、腸の健康には欠かせません。

お味噌を溶く場合、火にかけると大事な菌が死んでしまいます。お椀の中でお味噌を溶くようにしてください。

本当の腸活をはじめることからヘルシーライフは始まっていきます。

私もあなたの腸活、ヘルシーライフをサポートしていきます!

一緒にヘルシーに楽しい毎日を作り上げていきましょう。

まとめ

今の自分を否定しすぎず、今からどうしていくか。

 

それは「こうなりたい」というイメージをすること。何度も何度も。人間すぐに忘れちゃいますからね。

自分自身のからだに敬意を払うこと。

 

モデルさんとか女優さんがオーラがあるのは、もともとの器の大きさもあると思いますが、ご自身のからだをとても丁寧に大切に扱っているので光り輝いてくるのだと思います。

 

「磨けば光る」の気持ちでいきましょう。

私自身もあなたが光り輝くお手伝いができたら幸いです☆彡

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。