tee-1685847__340

「モリンガ茶」というお茶を聞いたことありますか?モリンガ茶について見ていきましょう。今回選んだルピシアの沖縄産を飲んでみた感想も。

 

モリンガとは?効能や効果はあるの?

モリンガという名前、聞いたことありますか?

2016年頃から話題になったスーパーフードと呼ばれている類です。

私は2015年にとあるワークショップで出会ったのですが、それ以来ずっと気になっていました。

 

それ以来は気になっていたものの、飲む機会がなかったのですが、ふと一人でほっと一息つく時間に何かふさわしいものが欲しいな~と思いました^^

 

基本的に身体が欲しているものは水です。水さえ飲んでいれば問題ないのですが、まあ人間ですから色が付いたものも時には飲んでみたいですよね。

 

そんな時にコーヒーとか紅茶だとカフェインが入っているし(私はカフェインが体質的に合わないのです泣)、からだの負担にならないものを探していました。

 

そこで出会ったのが「モリンガ茶」。

 

モリンガとは?

moringa-tree1

日本名は「ワサビノキ」で、インドやヒマラヤなどで広く栽培されています。干ばつに強く、成長が速いことでも有名です。

 

高さは10メートル程にも伸びます。葉、枝、茎、根、種、などなどすべてを利用できる無駄のない植物とされています。

 

90種類以上の栄養素を含み、さらにその栄養価の高さも数万種の植物の中でもトップクラスだそう。

 

海外では

・生命の木

・薬箱の木

・奇跡の木

などと呼ばれています。

 

 

Wikipediaで調べてみると、モリンガの栄養素は

ベータカロチンはニンジンの2倍、

カルシウムは牛乳の7倍、

たんぱく質はヨーグルトの3.5倍、

 

これだけでなく、ビタミン、マンガン、その他の要要素を豊富に含んでいるとのこと。

 

インドの生命医学「アーユルヴェーダ」でもモリンガは特別な木であることが認められているとのこと。

 

インドでは古くから家庭料理や民間療法などでもよく利用されてきました。

そのほか、フィリピンやバングラデシュ、スリランカ、パキスタン、モルディブ、カンボジア、タイなどの伝統料理につかわれてきたそうです。

 

民間療法的に使われてきたモリンガ。昔から人々の健康に役立ってきたのようです。

 

モリンガが栄養失調改善に?

モリンガはそのずば抜けて高い栄養素を各国NGOからも認められています。

栄養失調や飢餓状態にある子どもたちにモリンガを、というプロジェクトにつかわれているそうです。

特に飢餓が差し迫っている時にモリンガのパウダーを食べることで栄養面で改善するとのこと。

 

栄養失調のこどもたちが多い地域といえば、環境も厳しそうですが、モリンガは乾燥地域でも良く成長します。

 

世界中でモリンガを栽培し、栄養改善や健康維持につかわれているようですね。

 

ルピシアの国産茶葉の味や感想

unnamed (1)

そんなスーパーフードなモリンガ。

なんと国産の茶葉が手に入ったのです。

たまたまふらりと入ったお茶屋さん「ルピシア」で見つけました。

 

沖縄県産で、無農薬&無化学肥料で育てられたモリンガ、と店員さんからお話を聞き、私の興味ポイントがビクン!と刺激されました^^

 

モリンガは海外産しかないと思い込んでいたのですね、私。

 

お茶は葉っぱをそのまま使うわけですから、無農薬とか無化学肥料ってかなり大きなポイントとなります。

昨今では葉っぱにそのまま農薬をドバーッとかけるようなことはないとは思いますが(そんなことしたら農家さんも農薬被害を受けちゃいますよね)。

とにかく植物にも農地にも低負担のほうがいいですよね(農薬に関してはかえって使ったほうが植物のためにも周辺のうち全体のバランスのためにも必要悪だ、という考えや意見もあります)。

 

さて、

ルピシアのホームページをチェックしますと、

モリンガの生葉を収穫したその日のうちに乾燥加工するとのこと。

沖縄県産100%で無農薬無化学肥料ということで即買いでした。

 

ティーバッグ10袋入りで670円です。30袋入りで1,340円というお得サイズもありましたが、今回はとりあえず小さい方を買いました。

なんと店頭では最後のひと箱。とっても人気があるようです。

 

モリンガ茶を飲んだ感想

tee-638166_960_720

モリンガ茶はティーバックで入っていました。

カップにお湯を注いで、バッグを浸してしばらくして色が黄色っぽい茶色になったので引き上げました。

 

さあ、スーパーフードモリンガのお茶のお味見開始!

 

カップを持ち上げ、飲んでみました。

 

うん?

 

苦くもないし、なんとも表現しにくい。。。

 

世界を席巻するスーパーフードのモリンガパワーから想像もできないほど「インパクトのないお味」でした。

 

この自己主張しない謙虚なお味も実力があるからこそなのでしょうか。

 

おそらくですが、紅茶やコーヒーなどと同じように産地や焙煎方法によっても違ってくると思いますね。

特に焙煎でも違うと思います。

 

紅茶やコーヒーも産地や品質、焙煎方法などでぜんぜん違うお味になりますよね。

 

ちょっと話がずれて恐縮なのですが、私が大好きな「きな粉」も産地や焙煎方法によって全然味が異なってくるのです!

 

ですので、もしモリンガ茶が気になるのであればぜひいろいろなメーカーを味見してみてはいかがでしょうか。

 

きっとお口にあうものに出会えるはずです。

 

モリンガ茶まとめ

今回はライフスタイルの中でちょっとした時間にホッとしたいアイテム。

をテーマにした時に出会ったのが「モリンガ茶」でした。

 

モリンガ茶はハーブティーのような香りや雰囲気で世界観を作ってくれるものではありませんでしたが、

 

その栄養素をお勉強してから飲むと、なんだかからだが元気になったような気がします(笑)

 

頭で飲んでいますね(^^ゞ。。。「これはからだにいいんだ」と思いながら飲むと余計に良いのかもしれませんが(プラシーボ効果)。

 

とはいっても、飲み続けないとその効果や効能を実感することはできませんから、ちょっと飲んでみたいと思います。

 

春の季節は花粉などのアレルギーにも良いとされているモリンガ。気になる方は参考にしていただければと思います。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。