california-593158_960_720

大勢の人がいる場所へ行くとすごく疲れる。頭痛や吐き気や疲労感に悩まされる。そんな方への対処法とは何かあるのでしょうか?

 

大勢の人がいると疲れるわけとは?

「大勢の人がいると疲れる」

「野外でも大勢の人がいると疲弊する」

「疲れるのであまり外に出歩けない」

 

そんな経験ありませんか?

 

私もかつてそういうタイプだったので、それがどれだけ大変で疲れるのかよーくわかります。。。

 

外出するとヘトヘトすぎて、家に帰ったらバタンキュー。

食事もできないほど疲れ切りました。

 

頭もガンガンしてきて、戻しそうになるほどのこともありました。

ひどいときには回復までに3日間くらいかかることもザラでした。

 

それでは、

なぜ大勢の人がいるところへ行くことで、こんなにも疲れてしまうのでしょうか。

 

その答えのカギは、

からだと脳の状態にあります。

 

からだと脳の状態が正常じゃない時に、大勢の人がいる場所へ行くと疲れてしまいます。

疲れるだけだったらまだしも、頭痛が出てきたりするとせっかくの外出も台無しになってしまいます。

 

それでは、

からだと脳の状態が正常じゃないのはなぜなのでしょうか。

 

正直、

正常ではなくなる原因はさまざまです(;^_^A

 

すいません!限定できませんで。。。

 

 

一方、

からだと脳の状態が正しい状態。正常な状態だと、地に足がくっついてお腹に力が入ります。

 

お腹に力が入ると、その人のパフォーマンスを最大限発揮できるようになります。

そして、外からの影響をあまり受けなくなります。

 

この場合のお腹は「胎」とも言って、

㋐考えていること。心中。本心。また、心づもり。「口は悪いが、―はそれほどでもない」「自分一人の―に納めておく」「折をみて逃げ出す―らしい」

 

㋑胆力。気力。また、度量。「―の大きい、なかなかの人物」「少しくらいのミスを許す―がなくては勤まらない」(参照:デジタル大辞泉より)

 

という意味です。

 

腹黒い、とか腹に収まらない、とかお腹にかかわる言葉は結構あります。

 

日本人はお腹で物を考えたり、感じたりする人々なのかもしれません。

 

 

ですので、

結局何を言いたいのか?というと、大勢の人が集まるとたくさんの人の気が渦巻いています。

 

地に足がつかない状態ではおなかに力が入らず、外からのいろいろな影響を受けまくってしまうことになります。

 

 

 

大勢の人がいると疲れる人への対処法

girl-953713_960_720

それでは、大勢の人がいるところへ行っても疲れないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

基本的なことですが、日ごろ心身ともに疲れ切っていたら、大勢の気に当たったらすぐにやられてしまうでしょう(;^_^A

 

睡眠不足やこころの状態が良くないときには、そもそも大勢のところへはあまり行かないほうがいいですね。

 

どうしても行く必要があるときには、おなかに力を入れて気を引き締めておく。

 

その他テクニック的には、帽子やマフラー、カバンなどアイテムを追加することで防げることもあります。

それでも、「防いでいる」というのが自信になればいいのですが、

かえって「逃げている」マインドになってしまうと、逃げると追われるものですからあまり良い結果はもたらしません。

 

それよりも普段から体調を整えて、気を引き締めて良い緊張感をもつ。

 

私もいろいろ試しましたが、マインドの影響がかなり大きいことがわかりました。

 

その場限りのテクニック、アイテムを手に入れても、それを使いこなすのはからだとこころです。

 

だったら、自分のからだを整えて強くしなやかにしていったほうが手っ取り早いかなと感じています(^^♪

 

まとめ

今日は大勢の人がいるところへ行くと疲れてしまう人に向けて書いてきました。

 

この記事を書こうと思ったきっかけは、昨日家族で外出したことでした。

 

そこは家族連れが多く集まる場所で、イベントなどもやっていたので本当に多くの人が来ていました。

私の旦那さんはその場所の入り口付近で嫌な予感がしたそうなのですが、その後どんどん体調がくずれて、しまいには頭痛発生。

 

帰りの車ではぐったりしていました。そこで整体の応急措置をしました。そして一晩寝たらかなり元気になったのですが。。。

 

原因をさぐったところ、緊張感が全くなかった。油断していた。というのです。

 

男性の場合(女性もですが)、しごとで多くの人と会ったり、たくさんの人を相手にしますよね。

普段は適度な緊張感や責任感などをもちながらしごとしているので、影響がないとおもうのですが、休日となるとその反動で全く緩んでしまうそうです。

 

人間、四六時中緊張していたら疲れてしまいますよね。休日はリラックスしたいと思うので、そういう時は大勢の人がいるところは避けたほうが無難ですね(;^_^A

 

そんなことを学びました。

 

私自身もかつてはすぐに頭痛があったり、疲れたり、ということを繰り返してきました。その時はなんでこんなにつかれるんだろう?と思いましたが、解決策があるとは思ってもいませんでした。

 

その後、エネルギーの勉強をしたり、からだを健康的に整えていくことを趣味的に始めたりしてかなり改善してきました。

 

ですから、もともとの体質などもあるかもしれませんが、自分ができることもあります。

 

あせらず、自分ができることから始められたらいいですね。

私もそんなあなたのお手伝いを微力ながらさせていただけたらうれしいです☆

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。