girl-1787357__340

五月病とはどういうものなのでしょうか?五月病の症状と対策や解消法は?五月病で学生や新入社員だけじゃなく、主婦も子どもも眠くなるって本当なのでしょうか。

 

五月病とは?その症状は?

五月病とは一体どういう病気なのでしょうか。

五月になると訪れるうつうつとした気分、体調不良。

一般的にどのように定義されているのでしょうか?

新年度の4月に入学・入社した新人に、5月ごろになると現れる精神の不安定状態をいう語。(デジタル大辞泉より)

新しい環境に適応できず,焦り,ストレスを感じ,気持ちが落ち込むうつ状態。医学用語ではなく通称。もとは大学新入生が5月の連休明け頃から急激に無気力,無関心になることから名づけられたが,時期は5月にかぎらず,また中学・高校生や新入社員にもみられる。(ブリタニカ国際大百科事典より)

 

とのことです。

医学用語ではなく、通称です。

 

気が付けば、モノ後ごろ着いたときから「五月病」という言葉を聞かされて育った私は、五月になると物憂い気分になるものだ、と思いこまされてきた気がします。

 

もちろん、実際に物事になれるには、新しい環境に慣れるには時間がかかりますから、その適応するまでの期間にはいろいろあるでしょう。

 

気分が落ち込んでうつ状態になってしまうこともあるので、慎重に対応したいところです。

 

症状としては、精神的な落ち込みだけでなく

・食欲がなくなったり、

・胃が痛くなったり、

・めまいや動悸

 

といったからだの症状もあります。

 

これらの症状は自律神経が乱れることで起こるものと考えられます。

 

胃腸の状態はストレスや精神状態に密接に関係しています。めまいや動機も同じです。呼吸や脈拍なども常に精神状態に影響を受けています。

 

五月病の対策と解消法とは?

girl-261196__340

一般的には、五月病は慣れない環境への適応期の症状ですから、時間が解決するものとも言えます。

 

実際五月病だったとしても、ずーっとその先も五月病かというと多くのケースでその時期を脱しているはずです。

 

自分の人生を振り返ってみても、5月とか6月あたりに新学期や新生活の疲れが出てきたりするもので。

そのあとはなんとなく慣れていったと記憶しています。

 

ただ、このときに気を付けたい対策や解消法があります。

それは

・睡眠時間

・食べ物

・体を動かす

です。

 

睡眠時間・・・精神的に不安定な時に寝不足ですと、脳内の伝達物質がうまく機能しません。血流もわるくなります。さらに元気でいるためのホルモンも足りなくなってしまいます。

うつ状態の方はほとんど睡眠不足です。鶏が先か卵が先かになってしまいますが、睡眠時間は何にもまして重要です。

厳密に言うと、睡眠時間より睡眠のタイミングが重要ですが。まずは五月病かな?と思ったら8時間睡眠を目指して睡眠の計画をしてみてください。

10時に寝て6時に起きるのが理想です。7時間だと元気であれば問題ありませんが、不調のケースだともっと必要です。だまされたと思って早く寝ましょう(^^ゞ

 

食べ物・・・五月病っぽくなると、食べ物が甘いものや炭水化物が多くなります。うつ状態で必要な栄養素はたんぱく質です。

 

幸せを感じて不安を感じないためのホルモン「セロトニン」をはじめ、脳内の重要なホルモンは良質なたんぱく質からつくられます。

 

魚や肉、ナッツ、大豆類などあらゆるたんぱく質を偏りなく食べていきたいですね。

 

それから野菜類、特に緑黄色野菜を中心に食べやすい料理でいいので食べましょうね。食生活は睡眠の次に大切です。

 

腹が減っては戦ができぬですね。戦じゃないか(^^ゞ

 

次に大切なのが、

運動・・・からだを動かすことは脳の健康にもつながります。もちろんからだの循環にも筋肉の維持にも大切です。

 

加えて、外をあるくことで太陽の光に当たります。太陽の光も元気であるためには欠かせません。

午前中、朝の光がおススメです。

からだが疲れてへとへとになるまで運動する必要はありません。気持ちよく歩く。

何も運動しなかったら、夜眠くなりにくいですしね。すーっと自然に眠るためにも運動は取り入れたいですね。

 

五月病は主婦や子どももなるもの?

mt-fuji-1329448_960_720

五月病はが学生や新入社員以外で、主婦や子どももなるのでしょうか。

 

主婦ですと、子どもの進学に伴い、生活のリズムが変れば五月病の可能性はありますよね。お弁当を作り始めたり、塾の送迎が始まったり。

 

子どものケースだと、高校生や中学生も五月病になるといわれています。

 

新しい学校、クラス、先生、教科、などすべてが変ったら慣れるまで時間がかかるのも当たり前ですよね。

 

早く慣れよう、と思う必要もないです。

五月病になる人、ならない人、それぞれいます。

 

五月病になりやすい性格や性質もありますから、自分の性格や性質を知る機会にもなりますよね。

 

環境の変化にタフなタイプなのか。それとも環境の変化の対応には時間がかかるタイプなのか。なるべく若いうちに知るのは、今後の人生を生きていくうえでの貴重な経験になります。

 

人は変りたくないいきものですので新しい環境には拒否反応をするのは生理的な反応です。

 

自分自身に、

「この環境は命の危険はないよ」

「この環境は安全だよ」

「この環境は自分にとって大切だよ」

 

と、言い聞かせて安心感を与えることは必要です。それは誰かに言われるのではなく、自分で気付いて「大丈夫!」とこころから思うことです。

 

頭で考えるのではなく、こころで安心感を感じない限りからだは拒否反応を続けます。

 

個人的には安易に心療内科や精神科のドアを叩かないことをおすすめします。その理由は、かなりの確率で薬が処方されるからです。

 

私のクライアントでも五月病から精神科へ行ったことから、数年間にも渡る精神薬を飲み続けていたケースがあります。

 

自分のからだなので、自己責任といえば自己責任です。しかし、中身がわからないもの(この場合は薬)を何年間にもわたり飲み続けるのはリターンよりリスクのほうが高いことを言いたいです。

 

私はクライアントで何人も薬を飲んでいて良い方向へ向かってない人を見ているので、あえてよくある「ちょっとでもおかしいと思ったら病院へ!」という文章は書きません。

 

何かあるとすぐに病院へ行けばいい。というのは自分で自分のからだやこころと対話する思考を奪ってしまいます。

 

だれでも持っている「カン」を養う機会をなくしてしまいますから。

 

もちろん、病院や現代医療が果たす役割を否定するつもりは毛頭ありません(^-^;

 

現代医療からもナチュラルな手法や東洋医学からもよいところを持ってくればよいと考えています。いいとこどり、おいしいとこどりです。

 

病院はだめ、これはだめ、これはいい、とか何でもかんでも頭ごなしに否定したり、妄信するのではなく、自分で感じて、考えて判断するクセを付けていけたらいいですよね。私自身も含めて。。。

 

薬の話については、今回の話とポイントがずれてしまうのでここで終わりますね。

 

五月病まとめ

五月病についてまとめてきました。

五月病と一言で言っても、人によってケースバイケースです。

 

気付けばいつもの調子に戻っていた。という人が多いと思います。

 

私のケーでいうと、「五月病、五月病」と子どもの頃から言われているので、五月になったら不調になって当たり前なのかなと潜在意識で思っていました(^-^;

 

子どもの頃から聞かされるのもどうなんだろう?って思います(笑)。

 

でも、

自分がもし五月病のようになっても、「すぐ終わるよ、大丈夫だ」って思えればいいのかな。自分の子どもが慣れてきたあたりに調子を崩しても、焦らないで済みますしね。

 

ちなみに、五月病と言っても五月なるかというと、六月でも違う月でもなることがわかっています。

 

それはいつ来るかは人によっても違います。

 

若いうちにどれだけいろいろな経験を積んでいくかで、30代や40代が変わってきます。肉体的、精神的なダメージも受けて、そこから這い上がる経験はその後に大きく影響してきます。

 

その経験がその人の振れ幅、ゲージ、高低差になり、深みになってくると考えています。そういう人は話にも深みがあって、聞く人を飽きさせません(^^)

 

いろいろな経験もしつつ人生を楽しみながらも、そろそろヘルシーポイントだけは押さえていきましょうね。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。