life-2048978_960_720

成長に伴う痛みは避けては通れない?成長とは今まで自分を壊して今までのやり方を捨てることだと言います。

成長痛は年齢にかかわらずある

成長痛と聞くと、成長期のこどもが膝などに出てくる痛みですよね。(筋肉的な成長が原因ということが言われていましたが、今では精神的なものかもとも言われていますが。)

 

成長痛は大人にもあり得ます。成長したい、今のままではなくてもっと高みを目指したい!と思いステージを変えようと自分から動いた場合です。

 

これには年齢は関係ありません。

 

精神的な成長や人間的な成長は生涯続いていくもの。

 

しごとの上でもっと成長せねば、と思うこともありますし、

結婚生活を続けて行くうえで、このままではいけない。とおもうこともあります。

子育てしていく中でも、もっと器を大きくしていきたい。と思うことも多々あります。

 

そういう中で、自分を成長させるのは自分で決めないとできません。誰かが道しるべを示してくれることはありません。

 

人それぞれのタイミングでそれぞれが新たな決断を続けて生きていきます。

 

違う言い方をすると、痛みが伴わないことでは成長できているのか不明だ、ということ(^-^;

楽して楽しいばかりの道のりでは成長しているのか全く不明です(笑)。

 

それは今までの人生を振り返ってみたらわかりやすいと思うのです。今までの人生で振り返ってみたらあの辛いとき実はすごく成長していたな、という時期があると思います。

 

必死になって、もうだめだ、となるところまで来ると人はやっと本気になって夢中で取り組み、それが成長に繋がっていくのだとおもいます。

 

もし今、すごく精神的にツライ時期を過ごしている人は「成長痛」なんだ!と思ってみてはいかがでしょうか。

 

成長するには「今まで」と決別する

それでは、成長するにはどうしたらいいのでしょうか。

それは今まで自分のやり方とか習慣と決別することです。

 

今までのやり方の延長線上に今があります。

日々の習慣が今を作っています。

 

それら一つ一つを決別→違う自分が生まれます。

それはどれくらいの速度で進んでいくかは蓋を開けてみないとわかりません。

 

一つだけ言えることは、

今始めなかったらあしたもその次も昨日の延長線上だ、ということです。

 

よく、

「人は今にしか生きることはできない」

と言いますよね。

 

成長できない人の特徴は

「今に集中できない」

ことにあると思います。

 

これは自戒もこもってますよ(笑)

 

うまくいかないときって、

あの時ああしておけばよかったのに!と過去の失敗を悔んだり、

もしこれがうまくいかなかったらどうしよう!とまだ来ていない未来を心配したりしています。

 

今にいるのに、意識がここにないんですね。

こういう状態でいると、今に投入するエネルギーは無くなってしまいます。

 

今日使えるあなたのエネルギーは1リットルのミネラルウォーターだと、想像してみてください。

過去や未来のことを思い悩むことは、このペットボトルの底に穴が開いていて、毎分毎秒ポトリポトリと貴重なミネラルウォーターが流れ出しているのです。

そして、

さあ!今日のやることやるぞ!

と思ってもエネルギーは残り僅か。今日を生きるのに精一杯になって、やるべきことも終わらせることができなくなっています。

 

これは私自身がそうだったんです。

本当に心配性で起きてもいないことを心配したりするのを日課にしていました(笑)

 

もう取り返しのつかない過去のことを悔んだり、もう一回その時になったらどうするか、とか無意味な想像をすることが趣味でした(笑)

 

ほとんど手が付けられないほどのエネルギー浪費家でしたね(-_-;)自慢にもなりませんが。

 

なぜ、

こんな風にエネルギーを浪費してしまうのでしょうか。

 

その答えはこうです↓

習慣が悪いのであり、クセが悪いのです。生産性のない思考というクセです。

 

わたしの丸ごと全部が悪いってわけではありません!(ってことにしておいてくださいっ)

 

対策としては、

習慣とクセを治していく。習慣とクセと決別する。

 

成長するのに手っ取り早く永久的な方法

volleyball-1560578_960_720

上記で悪い習慣とクセと決別する。と書きましたが、一体どうすればよいのでしょうか。

 

何年も続けてきたクセを治すなんて、ほとんど不可能に思えますよね。

 

もし自分一人で変えるのは大変でしょう。そもそも一人で自分のクセを変えられたら、今までこんなに時間かからないでいたでしょうから。

 

では具体的にこれからどうしていったら悪いクセから脱却することができるのでしょうか。

 

それは
自分が理想とする習慣とクセをしている人と一緒にいる。

ということです。

 

具体的には

・理想的な人の本を読む。

・理想的な人のブログなり動画などに触れる。

・理想的な人に近づく。

・理想的な人に会う。

・理想的な人の環境に身を置く。

 

です。

これは下に行けばいくほど影響を強く受けることができます。そして下に行けばいくほどハードルも高くなります。行動するレベルが高くなります。

 

本を読んだり、ブログを見たり、というのは簡単ですが、直接会い行くというのは勇気もいります。

 

その分、好影響のレベルは高くなりますからね(^_-)突っ込んだエネルギーが高いのですから、リターンもあります。

 

 

でも!今はネットがありますから、かなり便利な時代。

家に居ながらにしてスカイプなどで直接お話しすることもできるようになりました。

 

ネットがない時代に比べたら、成長する機会も多いと言えます。

 

ぜひこの時代の恩恵を受けて、成長をしてきたいですね!

 

成長痛まとめ

king-penguin-1703294_960_720

私は現在、とあるコミュニティに属しています。成長を促してくれるようなコミュニティです。

 

そこでは先駆者のお話を聞くことができ、共に成長していく仲間もいます。

 

みなさんとても前向きでハツラツとしていて輝いて見えるのですが、それでも悩み苦しんでいた過去をお持ちです。

 

私はもともと人のストーリーをを聞くのが好きです。自分をそこに投影できるからでしょうか。

ストーリーを聞くこと自体がなにか癒しのようでもあります。今、成功しているかしていないか、ということよりも、その人固有のストーリーから学ぶことがたくさんあるからだと思います。

 

シンパシーを感じられることもあれば、自分の人生に活かせることもあって、さあ今日から自分もやってみよう!という気になれます。

 

今経験しているチャレンジは初めてのことです。だから、どこまでやればいいのか、どうれだけやったらいいのかまだわかりません。

 

わからないことに対して、人間は不安を感じます。これは防御装置でそうやって身を守るようにプログラムされています。

 

なので、チャレンジに対して怖気づいてしまうのは人間として当たり前の反応です。ですからそういう反応に対して「意気地なしだ」なんて思わなくていいのです^^

 

でも、

チャレンジをして乗り越えている先達のお話を聞くことで、あー大丈夫かも。いけるかも。やってみようか。どっちにしろ死なないってわかったし(笑)。

という気持ちになれます。

 

必ずしもファーストペンギン(※)にならなくてもいいのです。

セカンドペンギン、サードペンギン、もしくは100thペンギンでもいい。

 

比べる対象をほかのペンギンではなく、今までの自分を比べていけばいいい。私はメンターにそう教えられています。

 

なるほど、そうだな。だったら卑屈に思う必要もないですし、今やらないとな~って思えます。

 

これは健康的に体作りをしたい、ヘルシーにボディクリエイトしていきたい!という場合もそうです。

 

今までのような食生活や生活の中の習慣を続けながら、健康的にからだもつくっていきたい、というのは非常に効率が悪いです。っていうか無理です(^^ゞ

 

健康作りも一歩一歩。ガラッと全てを変えるのは体にも負担ですから、ジワリジワリと変えていくのです。

ジワリジワリと年齢を重ねながら、じわりじわりと健康的になっていく。。。

 

1か月後にスーパーヘルシーになる必要なんてないのです。

10年後に10歳若返っているほうがうれしくないですか?私はそういう想いで日々過ごしていますし、クライアントに対してもそういう長期的な想いで接しています。

健康的なボディクリエイトは長期戦で取り組むのが近道です(^_-)-☆

 

1か月後に~キロ痩せる!というテレビの企画とかで痩せた芸能人。そのほぼすべての方がリバウンドしていますよね。

短期的な利益より、長期的な進化を目指していきましょう。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

(※)ファーストペンギンとは集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。 転じて、その“勇敢なペンギン”のように、リスクを恐れず初めてのことに挑戦するベンチャー精神の持ち主を、米国では敬意を込めて「ファーストペンギン」と呼びます。(参照:「日本の人事部」より)