platter-2009590_960_720

 

混ぜたら危険な食べ方とは。ヘルシーに生きる食べ方の基本中の基本をお伝えしていきますね。

 

これからお話しすることは、健康的に生きていくうえで非常に重要なことです。シンプルな法則ですので、ぜひ取り入れていただけたら幸いです。

 

世間一般の「常識」とはかけ離れているかもしれませんが、「常識」とはそういうものかもしれません。

 

さあ、始めましょう!

 

混ぜたら危険とはどういうこと?

混ぜたら危険、とはよく台所洗剤などの薬剤の表示で書いてありますよね。

 

洗剤はどれも化学製品ですから、勝手に混ぜたりしたら化学変化が起こってどうなるかわからないです。

 

その可能性があるために表示されています。

 

さて、食べ物と化学薬品とどのような関係が?

 

実は食べることを考えるときには内臓のことを知ることが必要になります。

 

消化吸収に当たって大活躍するのは(どの器官も大切ですが(^^ゞ)膵臓さんです。

digestive-41529__340

私たちが食べ物を口に入れた時から消化は始まります。

 

胃に入って粉々に砕かれていく食品。

 

このままでは吸収が行われませんので、十二指腸のあたりからの膵臓から出てきた消化酵素によって分解されます。

 

膵臓さんから出てくる消化酵素は1種類ではありません。たんぱく質や脂肪のそれぞれに合う消化酵素を次から次へと出してくれます。

 

もしステーキだけ食べる食事だとします。

 

すると、膵臓さんはステーキを消化する酵素だけを出せばいいので結構らくちんです。

 

実際は、

野菜も食べるし、ご飯やパン、グラタンやスープも頼むかも。赤ワインも一緒に。最後はデザートで〆るでしょ。

 

という感じでいろいろなメニューを同時に食べた場合。

 

想像してみてください。

 

かなり膵臓さん忙しいですよね。

 

ですので、

いろいろな食品をいっぺんに混ぜて食べることは内臓さん、膵臓さんにとってはかなりな負担になります。

 

膵臓さんは別名「眠れる臓器」とも言われるほど静かな臓器。

 

胃や腸のように、私たちの体感として全く感じない、ということですね。

 

不調であってもぜんぜん感覚としてわからないんです。

 

逆に言うと、膵臓さんの不調が体感としてわかるようですとかなりヤバい状態です。

 

膵臓が炎症していたり、時にはもっと最悪なケースも可能性としてはあります。

そうなってからでは回復が大変。

 

物言わぬ臓器、膵臓さんの回復には時間もかかります。というか回復するのは非常に難しいです。

 

ですので、

最初から膵臓さんに負担をできるだけかけたくないのです。

それがヘルシーに生きていくための極意です。

 

 

ヘルシーに生きるための基本中の基本とは

white-791099_960_720

上にも書きましたが、

膵臓さんに負担をかけないようにした食べ方。

 

これがヘルシーに生きるための極意です。

 

こうした視点は、現代の日本では聞いたことがないと思います。

 

むしろ、

「一日30品目!」

とか、

 

「いろいろな食品をくまなく食べましょう!」

というメッセージのほうがたくさん聞かれることでしょう。

 

一日30品目も食べていたらどれだけ消化が大変なんだろう。

 

現在の「常識」が本当に「からだが喜ぶ常識」かどうか、考えてみる必要がありますね。

 

まとめ

一日で全ての栄養素を食べなきゃ!と躍起になる必要はありません。

まじめな人だと、

「今日は何種類の栄養素を食べたかな」

と数を数えているかもしれませんね。

 

数日間でバランスを取ればいいのです。

 

ここ数日

海藻類食べていないな、

きのこが少ないな、

たんぱく質が多めかな、

炭水化物はどうかな、

と、数日間でバランスをとるようにしていきます。

 

 

今日一日で完全なバランスをとる必要はないのでご安心ください。

 

試しに、

・たくさんの種類を食べた後のからだの感じ、

・食品数を減らした食後のからだの感じ、

 

を比べてほしいのです。

 

明らかに食品数が少ない方がからだが楽なはずです。

 

そして、消化が早く済んで、次の食事の時にお腹がグーっとなっているはず。

 

次の食事にお腹が空かないようなら、消化吸収がうまくいっていない証拠です。

 

ムリに食べる必要もありませんし、からだのどういうサインなんだろうと今までの生活を振り返ってみるきっかけにもなるでしょう。

 

からだが喜ぶ食べ方を続けていくことで、からだもその力を発揮して元気になってくるでしょう。

 

栄養素だけをみたり、カロリーだけにとらわれると見えなくなることがあります。もしそこだけがクリアされていればサプリだけだっていいはずですからね(^-^;

 

食事も自分らしいライフスタイルには大切な要素です。

 

1人で食べても、家族や友人とでも、楽しく食べられたらそれは本当に人生のなかで有意義な時間ですから。

 

栄養のこと、ヘルシーな食べ方、という視点であれば、

いつもからだに聞いてみて、何が足りなくて、何が余分なのか。そういう対話ができるようになったらいいですね!

 

私自身も日々、自分のからだを対話して、楽しくヘルシーに生きていこうと思います(^^)

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。