a600845f-e6c4-4fca-9e0c-2ef64ca2b5c8

コラーゲンの効果は医学的にただしいのか?というのが一時期話題になりました。コラーゲンを食材から摂取してお肌をプルプルにするには?関節への影響も見ていきましょう。

 

コラーゲンの効果は医学的にどうなの?

コラーゲンを摂ったらお肌プルプル!

コラーゲン鍋を食べたら翌朝メイクのりがちがう!

というフレーズ、何度も聞いたことがありますよね。

 

世の中にはコラーゲンのサプリやドリンクなども選ぶのも迷うほど出ています。

コラーゲンを口に入れたらお肌にいいんだろうな~というのはなんとなく思っていますよね。

 

しかし、実際には医学的には効果がない、と言われていたこともありました。

実際どうなのでしょうか。

ためしてガッテンのコラーゲン特集

ためしてガッテンでコラーゲンが特集されていました。

 

その中で、最新の研究では「肌の再生に役立つ」という指摘もありました。

 

コラーゲンは食品ですので、効果があります!とは言えません。

 

実はコラーゲンを摂取することで人間にどのような効果や働きがあるのかはまだわかっていないことがたくさんあるのだそうです。

 

現在たくさんの研究がなされているそうなので、その中から見ていきましょう。

 

番組内では

 

☆ドイツの病院において、関節痛の患者にコラーゲンを処方し始めていると伝えていました。

 

☆大学駅伝のとあるチームでコラーゲンを食べることでケガや痛みを軽減させているとのこと。

 

まだまだ研究が必要でしょうが、食べても害がないというレベルで実験が進んでいけばいいですね。

 

ということで、「まだまだ」研究がなされるべきコラーゲン。サプリやドリンクなどかなり高価なものもあるので、過度の期待は禁物ではないでしょうか(^^ゞ

 

 

コラーゲンを食材からとってお肌をきれいに

39917210 - motsunabe

コラーゲンは食べても全く効果がない。

というのは、こういう理由です。

 

コラーゲンを食べた場合、消化器官において分解されます。だからそれが直接お肌に影響を与えるか?と言ったら疑問なわけですね。

 

一方、ガッテンの番組内でも紹介されたように、

最近の研究では消化器官で分解されなかったコラーゲンが体に吸収されて、体内でコラーゲンを作るもとになっているのでは?という解釈が出てきました。

 

様々な現場でコラーゲンを取り入れた場合の研究が始まっています。その中では、コラーゲンを取った場合は早く傷が治った、という結果もあります。

 

ということは、お肌の荒れやこまかい傷などをコラーゲンが修復を早めてくれる可能性はあると言えるかもしれません。

 

コラーゲン食材とは?

healthy-food-1348430_640

コラーゲンというと何を思い浮かべますか?

私は料理が冷めたときにできる、あのプルプルです(^^)

 

そう、あのプルプルができる食材はコラーゲンが入っている、ということ。

 

肉や魚の料理でよくできますよね。あのプルプル。

 

具体的にコラーゲン食材をあげていきますと・・・

 

・鶏の手羽先

・鶏軟骨

・モツ

・レバー

・牛スジ

・ウナギ

・ぶり

・サケ

・アジ

・さんま

 

などなど。

 

内臓系にもたくさんのコラーゲンが!

 

あと、忘れてはいけないのがフカヒレ。

コラーゲン含有量はほかの食品とは比べ物になりません。言わずと知れた美容と健康の高級食材ですよね。

 

ただ、一つ注意しておきたいこと。

それはコラーゲンの体内での弾力保持期限、つまりプルンプルンが期待できる期間ですが、一日なんです!

 

短い!(笑)

フカヒレは毎日食べられませんよね。

 

毎日のように動物性たんぱく質を取る、としたら鶏肉や身近な食材をコツコツと摂っていくことになりますよね。それが体内の修復に役立っていくわけですから。

 

ここでサプリを取り入れるか、それとも食材で頑張るかは個人の選択ですね。

 

コラーゲンまめ

よく、「コラーゲンの一日の目安摂取量」が出ています。サプリの商品の宣伝とかに使われるものなのですが、

 

だいたいの日本人がその「目安」に足りていないんですね。だからサプリのみましょう。っていう流れ(宣伝文句)なんですよね。

 

ただ、今も昔も足りていなかったのに別に対して問題なかったよね、というのも事実(^^ゞ

 

ただ、もしあなたがサプリを買いたくなった時、ぜひ気を付けていただきたいことは→商品の製造工程や出所です。

 

安全性や信頼性を考えた場合、安易にサプリで摂ろうとは私は思わないですね。ましてそれを毎日飲むわけですよね。

 

製造工程では科学的な処理もされています。

 

私は自然な形で、ナチュラルに栄養素を取り入れていきたいので今のところサプリは取り入れていません。

自然のパワーが一番パワフルだと実感していますし、お肉やお魚という自然の恵みをありがたくいただいてこそ、確実に自分の血となり肉となる、と考えているからです。

 

病み上がりの方だったり、どうしても食事からの摂取がむずかしい、というかたもおられるでしょうから、そういう方は一時的にサプリなどの代替法も取り入れるのも一つと思います。

 

コラーゲン一つとっても、その人のライフスタイルとか考え方が出てきますね。

 

そうそう、もしコラーゲンの効果を期待して手羽先などを食べた場合はぜひ、ビタミンCも一緒にとると吸収が高まるといわれています。

 

ビタミンCは赤ピーマン、黄色ピーマン、パセリやブロッコリーやカリフラワーもおすすめです。

サラダなども一緒にお召し上がりくださいね(^_-)-☆