body-1822459_960_720

デトックス:ヘルシーに生きる基本中の基本とは。

ヘルシーにこれからの人生を過ごし、自分の才能を開花させて自由に生きていく。そんな人が1人でも多くなってほしい。

そのために本当に必要なデトックス法とその考え方をシェアしていきますね。

 

デトックスの基本 腸をキレイにする

「デトックス」というワードは数年前から使われて、いまや毎日のようにどこかで見かけます。

デトックスが必要なんだろうな~とはなんとなくわかっていても、実際どうすればいいのか?となると具体的にわかりませんよね。

 

デトックス一言で言っても、からだのデトックスからメンタル、脳のデトックス。さらに生活環境のデトックスなどなど、やることを挙げていったらきりがありません(^^ゞ

 

ですので、

今回はからだのデトックスに焦点を当てて考えていきましょう。

 

私がいままで数々のダイエットや健康法を試し、最終的にたどりついた答え。

それは腸のデトックスです。

 

いろいろな方法を試すうえで、幸運にも世界のあらゆる健康法を研究する素晴らしいメンターにも出会えました。そのメンターも腸のデトックスの重要性においては間違いない、という見解。

 

健康というと、

クリーンな食物を取り入れる、とか

運動を始める、とか、

そんなことが思い浮かびますよね。

 

 

今の日本人にとって一番必要なこと。それはデトックスです。

 

不要なものを先に出さなければ、いくら良いものを取り入れてもゴミとみなされてしまいます。

 

 

女性の方はイメージしやすいと思いますが、

メイクをしたまま超高級化粧水をつかっても、

全く効果が見られないどころか、かえって肌が荒れてしまいます。

 

まずはメイクをオフしない限り、

どんな良いものでも無駄なものになってしまいます。

 

 

健康においても、

まずは体内のゴミが集まる腸をクリーンにしてからでないと、

何も始めることはできないのです。

 

 

腸と肌は繋がっている

肌は第二の排泄機関です。

 

肌の状態を見れば、腸や内臓の状態がわかります。

その人が大切にしていることや幸せかどうかなども読み取れます。

 

腸から体内の余計な毒物を排泄できていれば、

肌から排泄する必要がないからです。

 

そう考えていくと、美容や美しさを追及するにあたり、

ブランド化粧品や最新化粧品、エステを追いかけることが早道なのかどうかがお分かりいただけると思います。

 

肌だけを見ると時間とエネルギー、お金を浪費することになりかねません。

からだは全体で一つ。

腸壁も胃壁も手のひらも顔の皮膚も頭皮もすべて繋がっています。

 

どこかで消化の悪いものを摂取したら、その反動がどこかに出てきます。

一方、からだに負担がかからない習慣を続けていたら、それは必ず結果が目に見えるでしょう。

 

 

始めに腸をキレイにすることから始めよう

woman-hands-1207952_960_720

ヘルシーなからだに生まれ変わり、自分の持てる力を発揮して生きていきたい!

そういう想いを少しでもお持ちでしたら、

腸をキレイにすることから始めましょう。

 

昔の日本、第二次大戦前後くらいまでの日本はコンクリートの道も少なく、土がたくさんありました。

 

そこには微生物がたくさんいました。私たちの体の中も微生物だらけ。

微生物さんたちはすごいエネルギーを持っていて、

私たちのからだのバランスを保ってくれています。

 

私たちのからだには細胞が60兆個あると言われていますが、

微生物さんはいくつくらいあると思いますか?

 

数百兆です。細胞数よりも多いとされています。

 

微生物さんは呼吸から消化吸収、排泄などの生きるための活動をサポートしてくれています。

 

腸は微生物さんが一番たくさんいるところ。

その腸を整えるれば、微生物さんたちが心地よく働いてくれます。

 

ゆえに、

私たちのからだもパフォーマンスが上がっていくのです。

 

最近では「腸活」という言葉も出てきて、腸の大切さが知られてきています。

 

ただ、世間で言われている「腸活」は何か新商品を売り込むための流行語の様であったりするので注意が必要です。

 

腸の微生物は、

・スムージーを飲んだり

・乳酸菌を工場加工品を食べて増やそうとしたり、

・ヨーグルトなどの乳製品を食べたり

 

などで活性化するものではありません。

 

昔の日本人の体力はすごかった!

osaka-castle-1398124_960_720

例えば、
江戸時代の飛脚を思い浮かべてください。

彼らは日に何百キロと走り通しに走ったとされています。

食事は牛肉やプロテインなどもちろんありません。

玄米と漬物程度でしょう。

 

小柄な女性も数十キロもの米俵を担いでいたとのこと。

食事についても同様でしょう。

 

 

なぜ、私たちの祖先はそれほどまでにすごい力を持っていたのでしょうか。

 

その謎のカギを握るのは、ひとつに腸内の微生物さんの存在です。

 

発酵食品や野菜自体にも多くのエネルギーが入っていて、
日々の粗食で取り入れていました。

 

今の私たちがその頃の食事ができるか、と言ったら残念ながらほぼ不可能でしょう。

 

土壌も数十年で変わり果ててしまいました。農薬に化学肥料、大気汚染や水質汚染など。

かつての日本が持っていた土地の持つパワーは取り戻すことは簡単ではありません。

 

しかし、
腸をきれいに保つこと。腸内革命を起こすことは可能です。

 

加工食品やジャンクフード、添加物などをとることで体内・腸内の微生物さんがどういうことになるのか。

ちょっと想像してみてほしいのです。

 

少しの便利を求める気持ちや欲望をすこしだけストップしてみましょう。

 

そういう私も加工品を食べることも、外食することもあります。

 

問題は何も考えないで食べたり飲んだりするのが最も危険です。

決して添加物を食べない、というのはもはや不可能でしょう。

 

現状をなげくのではなくて、

今日からできることはなにか、を考えていきましょう。

できないことをかぞえるのではなく、今からできること。必ずあります(^^)

 

お味噌汁だけでも作ってみようか。

お漬物を作ってみようかな。

 

まずはそんなスモールステップから始めてみましょう。

 

「午前中は排泄タイム」

と言われています。

朝食には消化の良い食物をたべることで、胃腸に負担をかけずに、排泄に徹してもらえるようにする。

 

果物や野菜は消化にもエネルギーを使わないため、とてもおススメです。

お味噌も発酵食品なので、腸の健康には欠かせません。

 

お味噌を溶く場合、火にかけると大事な菌が死んでしまいます。お椀の中でお味噌を溶くようにしてください。

 

本当の腸活をはじめることからヘルシーライフは始まっていきます。

私もあなたの腸活、ヘルシーライフをサポートしていきます!

一緒にヘルシーに楽しい毎日を作り上げていきましょう。