o_1apnq644v1n4d14f914837ga10827_new

 

 

 

【ためしてガッテン】で放送された「骨ホルモン特集」。骨ホルモンをうまく活用して血糖値も低下。さらに脳も活性化して健康体になれる。

世界の研究者たちが注目する骨ホルモンとは?

 

骨ホルモンってなに?

ためしてガッテンで骨ホルモンが特集されました。

「骨ホルモン」とは、今研究者が大注目の新物質として話題!

骨を刺激することで骨から全身へ運ばれます。脳はもちろん、内臓を活性化します。

つまり骨ホルモンは若返りホルモン!?物忘れなどもなくなり、いつまでも若々しくいられるのも、この骨ホルモンが大きく影響していそうです。

 

そんな万能とも見える骨ホルモンが少ない場合は、糖尿病や動脈硬化に陥るケースもあります。

糖尿病は国民病ともいえる厄介な病気。これが骨ホルモンが影響していたとは!?

 

骨ホルモンを放出させる運動法も番組内で紹介されていたので、紹介していきます。

 

骨ホルモンで血糖値が低下!

骨ホルモンと言われているのは「オステオカルシン」と呼ばれる骨の中で作られるたんぱく質のことです。

九州大学は、骨で作られるタンパク質である「オステオカルシン」を経口投与することで、血糖値が下がり、全身の代謝が活性化することを明らかにしたと発表した。(出典:糖尿病ネットワーク)

という報告もあり、今後は糖尿病の患者さんにオステオカルシンを投与することもあるかもしれませんね。

 

骨ホルモンは全身のエネルギー代謝を活性化する働きがあるのですね。

糖尿病の改善はやはり生活習慣からの見直しが基本であることには変わりないです。

 

話を戻しますが、自力で骨ホルモンを放出させることができたら、そもそも経口投与は必要なくなる!

ということで、以下では骨ホルモンを放出させる体操をご紹介します。

 

骨ホルモンで脳が活性化&健康体に!

images-6

血液中に糖が異常に多い状態だと、たんぱく質と結びついてたんぱく質は変性・劣化すると言われています。これだと骨ホルモンの働きが弱ってしまうのでは、とされているんですね。

では、

血液の中に糖が異常に多い状態とは?

・血糖値が急激に上げ下げする(糖分の食べ過ぎ)。

・運動不足で糖が代謝されない。

 

→生活習慣によって作られる糖の代謝異常→糖尿病や脳梗塞・ガンなどの病気の可能性

 

高血糖によって骨ホルモンが減ることがわかりました。

この流れを断ち切るために、番組内で紹介されていたのが「骨を刺激するかかと落とし」。

 

 

かかと落とし運動とは?

⓵立ったまま全身を伸ばしてまっすぐ上に伸びをします。

②すとんとそのままかかとから降りる。

 

たったこれだけ!簡単ですね!

番組内では毎日30回を基準にすることをおすすめしていました。

 

骨に刺激を与えることが目的。

かかと落としでなくても毎日ウォーキングできれば最高ですね!(^^♪

 

骨に刺激を与えることで、骨ホルモンを放出させて内臓や全身を活性化させる!血糖値の低下が期待でき、若返りも!

日常生活に運動は欠かせない、ということですね。

 

骨ホルモンまとめ

骨ホルモンについて見てきました。

骨ホルモンについては最近話題になってきたワードですね。

骨の中にある物質が内臓や全身の代謝に影響しているとは。さらに運動することで、その物質が放出されるとは。

様々な理由から運動は大切ですね。

 

また、糖化が進むと骨ホルモンも放出できなくなってしまうそう。

糖化を防止するための項目をここでチェックしてみましょう。

 

☆よく噛んで食べる。

☆一日2~3食は食べる。(食事を抜かない)

☆炭水化物の食べ過ぎを防ぐ。

☆運動の習慣化

☆野菜や果物など抗酸化物質を食べる。

☆ストレス対策をする。

 

以上です。

上記と逆のことをすると、糖化しやすくなりますのでご注意ください(^^ゞ

 

コメントしますと、朝食をぬくと次の食事の時間に血糖値が急激にあがることがわかっています。朝食はなかなか時間が取れないかもしれませんが、とりあえずは食べやすいものでいいので食べてみることから始めてみましょう。

まずは時間を確保!

その後、食事内容を考えていきましょう。消化がしやすくて、血糖値があがりすぎない野菜や果物がおすすめです。

 

食事だけでも運動だけでもなく、総合的にからだを整えていきたいですね。かかと落としだけやっていればいいわけでもないので(^^ゞ

毎日のことなので、末永く続けられる自分だけのヘルシーなライフスタイルを見つけていきましょう!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。