451_min
腸活というワード、最近よく聞かれる言葉ですよね!

食べ物とストレッチや運動で腸を活性化していき、美と健康を実現する新しい健康法!腸活に効き目は?乳酸菌の効果についても見ていきましょう!

腸活ってなに?

腸活とは一体なに?
腸が注目されている近年。腸の健康=体全体の健康。という認識が広まってきています。

 

「腸活」というワードで、腸に良い活動をすることをさすのもメジャーになってきました。

 

腸活とは一言でいうと、腸の環境を整えるということ。腸が健康の要として認知されてきた証でもあります。

 

腸活によって腸の環境が良くなると、サラサラ血液が全身隅々にまで行き渡ります。

栄養を細胞一つ一つまで送り届けることができます。

 

腸活をせず腸内環境が悪いままでいると、血液は濁り、栄養は細胞まで達せず、脂肪に。

太りやすい条件下でありながら、全身に必要な栄養が届かず栄養不足状態。皮膚も荒れて、免疫低下のため病気になりやすい状態に。。。

 

腸活のメンタル面へのメリット

腸が食べ物の消化吸収を行う大切な器官であることは誰しも知っていることです。

その役割に加えて、最近では人間の幸福感を支配する神経伝達物質である「セロトニン」が腸にもある!とされています。

 

セロトニンは脳には1割存在して、残りのなんと9割が腸にあるとのこと!

セロトニンは「幸せホルモン」や「ハッピーホルモン」という別名もあり、最近注目を浴びています。主に小腸で合成されるホルモンです。

 

ハッピーホルモンと呼ばれ、やる気や幸福感につながる脳内の神経伝達物質「セロトニン」は実は脳にはたったの1割しかなく、9割が腸にあることが明らかになりました。

 

ハッピーホルモンを増やすためには、やはり腸内の環境を整えておくことが大切と言えますね。

 

※一方、精神面での影響は脳内に存在するセロトニンが担っている、とする情報もあります。脳内セロトニンが不足することで、うつ病をはじめとした精神疾患に至る恐れも否定できません。

腸内のセロトニンは整腸作用を引き受けていることには変わりないですから、その合成を促進するようなライフスタイルを心掛けたいですね。

 

腸活で欠かせない自律神経との関係

腸が健康の要である、ということはすでによく知られたことですよね。

それでは腸をコントロールしているのは一体なんだと思いますか?

 

 

自律神経です。

自律神経といえば、交感神経と副交感神経の二つがあります。

この二つがバランス状態にあると、健康でいられます。

 

ところが現代社会は交感神経が優位になりやすいです。

スマホやパソコン、夜更かしやストレス。。。興奮するようなものが交感神経を刺激します。

この状態が続くと、腸の動き(ぜんどう運動)が滞りがちになって、便秘や栄養の消化吸収がうまくいかなくなります。

 

自律神経を整えること、味方につける生活を送ることが『腸活』につながります。

 

腸活のおすすめ食べ物や食べ方

o_1apnqaop61fppi481a8c41jjet7_new

腸の働きを高めるには、朝起きてすぐにお水を飲みましょう!

腸が刺激を受けて、ぜんどう運動が始まります( ^^)

夜の間でどろどろになった血液も朝の一杯で解消します!

 

朝食

午前中に高いパフォーマンスを上げたい!

そのためには交感神経のスイッチオン。

消化の良いものを積極的に食べましょう。

果物や野菜などは消化が良く、食物繊維や酵素が豊富に含まれるので朝食にGOOD!

 

朝食は体を温める働きもあり、全身に血液をグルンと回してくれます。

脳への栄養もこ摂取できるので朝食はビジネスにも勉強にも必須です。

少量でもよいので必ず食べるようにしたいですね。

こちらの記事も読まれています↓
グルテン不耐性の症状と原因は?毎食パンで大丈夫?食事と治療法は?

 

腸活のストレッチや運動は?

872776d72492387ce6f16ef982083ce4_s

腸活にオススメなストレッチですが、朝一の運動が自律神経のバランスを良くしてくれます。

 

具体的には、

1、お布団の中で、両手を上に伸ばして、思い切りからだをグーッと「伸び」をします。

2、かかとを突き出して、膝の裏も伸ばします。

3、わき腹を伸ばします。

 

たったこれだけのストレッチで体が目覚めます。

血液が全身をめぐり、交感神経を優位に働かせてくれます。

 

ストレッチは日中時間がある時に細切れ時間でもどんどんやっていきましょう。

 

椅子に座りながら体をひねるだけでも腸や背骨に刺激が行きます。

 

肩関節や手首を回すなどはいつでもどこでもできるストレッチ。自律神経のバランスを整えてくれますよ。

 

腸活にウォーキング

腸活にウォーキングは必須レベルの運動です。

ただ歩くだけ(^^)/
一日おきでもよいので30分程度歩けたらいいですね。

歩くだけで腸への刺激になります。自律神経が整い、血液が全身をめぐります。

便秘解消も期待できますから、ぜひ歩けるときに歩いてみましょう!

 

腸活に乳酸菌を!

腸活には乳酸菌!というのはなんとなく想像できますよね。

そう、その想像通り!乳酸菌は腸活には欠かせない食材です。

 

腸内環境を改善するには乳酸菌を毎日の食事から~どこかのCMで見たいような言葉ですが、

食べ物から良い菌を取り入れて腸内環境が活性化するならうれしいですよね。

 

2016年はいろいろな加工食品に乳酸菌が入った商品が発売されて話題になりました。

ロッテの『乳酸菌入りショコラ』は大ヒットしましたよね!

チョコだけでなく、お味噌汁や冷凍食品、鍋つゆにまで乳酸菌(笑)

森永の『たべるマスク』はタブレットでサプリ感覚で乳酸菌を摂取する商品。ネーミングも素晴らしいですね!売り切れ続出だったとか。

 

日本食で乳酸菌といれば、浅漬けや味噌、塩辛などにも入っています。

わざわざ加工品を買わなくても昔ながらの食事ができれば問題なさそうですが。。。(^^ゞ

毎日の食生活で無理なく取り入れられる乳酸菌を見つけて、続けられたらいいですね。

 

腸活まとめ

2016年ころから本格化した『腸活』ブーム。

腸内を整えて、体調を整えていく、健康をキープする、という考え方が定着してきました。

 

私も整体院で毎日施術させていただく中で、便秘の深刻さ、健康と腸内環境のつながりを実感しています。

健康状態へシフトするには腸内環境を整えることが先決です。いくら良いものを食べても消化吸収してくれないからです。

 

食べ物と食べ方、簡単な運動を取り入れるだけで、腸内環境は自然と活性化していきます。ものの数日で変化があるケースもありますから、希望をもってはじめましょう!(^^♪

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。