winter-room
冬に太るのはなぜ?冬太りの原因と対策について考えていきましょう。冬太り対策のポイントは基礎代謝?冬期間の代謝UPを味方につけろ!

冬に太るのはなぜ?

冬になると体重計に乗るのが憂鬱・・・。冬になるとスキニーパンツが入らない!そんな悩みを抱えがちな冬。

そもそも冬になると太るのはなぜなのでしょうか?

冬に太る原因

冬に太る原因をいくつか挙げてみましょう。

■冬には忘年会や新年会などのイベントごとが多い。

■寒くて外出より家にいることが多い。

■チョコレートやクッキーなど夏に比べて甘いものを好みがち。

■ココアやミルクティーなど甘くて温かい飲み物を飲むことが多い。

■肌を露出する機会が少なくダイエットに気合が入らない

 

そのほかに生理的には、冬になると日照時間が減ることで気分的に落ち込みやすくなったり、甘いものを好んだりする傾向があります。

以下の記事がよく読まれています。冬に現れる「冬季うつ」について書いています。↓↓
冬季うつ病の原因と過食の症状は?対策はライトや日光を浴びるでOK?
冬には太りやすい外部的な要因がそろっているんですね。

 

冬は猫もハムスターも太る!?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

冬には人間だけが太りやすいのではありません。

猫やハムスターも太りやすいといわれています。

 

猫もハムスターも栄養の摂りすぎや運動不足が太る原因となりますが、それ以外にも太る原因はあります。

ストレスや季節が関係していることも。ハムスターは環境的なストレスに弱いと言われていて太る原因にもなります。

 

また、猫はもともと温暖な地域に、ハムスターは砂漠地方にその起源があるとされています。猫やハムスターにとって日本の冬はかなり寒いことになります。

その寒さに対応するために太る場合もあります。

 

脂肪は元来、動物が寒さに対応するために、厳しい寒さを乗り越えるためにつけるもの。いわば生きるために必要なもの。

私たちに人間の歴史は寒さとの戦いの歴史でもありました。常に寒さが隣り合わせの環境の中で生き残るために、脂肪はなくてはならないものだったのです。

 

そう考えてくると、自分についている脂肪がちょっと健気に思えてきますが(^^ゞ

現代社会においては脂肪はそこまで生き残りに必要ありませんから💦、健康のために余分な脂肪をデトックスしていく方法を見ていきましょう!

 

冬太り対策!基礎代謝を味方につける!

冬は太りやすい!いつも冬になると太ってしまう。

そう思っていませんか?それは実は「思い込み」かもしれないんです!

というのも冬は基礎代謝がUPする時期なのです。

 

え?夏のほうが基礎代謝が高いと思っていた!というあなたへ。

 

冬にやかんでお湯を沸かす時を想像してみてください。夏より冬のほうが沸騰するまで時間がかかりますよね。

ガス代や電気代を考えてみてもわかるように、夏より冬のほうが生活するエネルギーを使います。

寒い中で生命活動を維持するために、温かい時期よりも多くのエネルギーを消費するからです。

 

冬は夏よりどれくらい消費カロリーが高まるのでしょうか。

■冬は夏に比べて、約9kcal/時間増加。

■冬と夏では約10%の消費カロリー差がある。

 

基礎代謝は筋肉量や環境、生活スタイルによって個人の差が出るところ。

しかし、そうしたものを差し引いても一日当たり120kcal程度は夏よりも基礎代謝が高まると言えそうです。

 

例えが適切ではないかもしれませんが、わかりやすいと思うので掲載しますね。

各国の軍隊の行動食を見てみると、基礎代謝がわかりやすいです。

■自衛隊(軍隊ではありませんが)1800kcal

■米軍3600kcal

■ノルウェー軍7500kcal←寒冷地対応ですよね!

 

もちろん、体格の差もありますけどね。あとは食文化も違うでしょうし。。。一応平均身長載せておきます。

平均身長

■日本 170.7㎝

■米国 178.9㎝

■ノルウェー 182.4㎝

参照:Human height – Wikipedia, the free encyclopedia

 

 

冬太り対策の効果的な方法3つ

images-5

 

せっかく基礎代謝が高まる季節、冬ですからこの時期を利用するのも一つです。

寒いと人はどうしても暖かところにとどまりたいと思いますが、ぜひ適度に寒さをシェイプアップ利用しましょう!

 

冬太り対策⓵短時間で切り上げる!

寒い冬に運動しようとしていつまでも外にいると、体が冷えてしまいます。

外に出て運動しよう!という気持ちは素晴らしいですが、長時間戸外にいて体を冷やさないようにしましょう。

特に女性の体は冷えやすく温まりにくいので冷えは大敵。

 

さらに一度冬の戸外で辛い思いを体験してしまうと、脳は「冬のダイエットはツライ」という記憶してしまいます。

そうならないためもまずは短時間から、体が冷え切る前に切り上げましょう。

 

 

冬太り対策⓶ちょっと温めてから!
寒い中、さて!ちょっと動くか!と思ってもなかなか重い腰が上がりませんよね。

そういう時は少し体を温めてからすると熱効率も上がっておススメです。

個人的におススメなのは、ショウガ湯。ショウガは体を短時間で温めてくれます。

液体ですと胃に負担をかけずに済みます。

ショウガの効果が期待できるのは体内に入れて30分と言われていますから、ショウガ湯を飲んでちょっと胃が落ち着いたら外に出て軽い運動してみてはいかがでしょうか。

 
冬太り対策⓷ストレッチ!
寒いからと縮こまっていたら、血液の循環は滞ってしまいます。

そのままでは筋肉も減ってしまい、たるみの原因にもなってしまいます。

 

そこでおすすめなのが、朝起きてそのままお布団の中でする簡単ストレッチ!

目覚めも良くなりますし、血行が促進されて脳も体もスイッチオン!一日の代謝も上がります。

ここでは私がやってみて無理のない体操をご紹介しますね(^^♪
■手足をグーッと思い切り伸ばす。伸びーっと思い切り伸びる!
■体を思い切り伸ばしまま、両腕を合わせて左右に揺れる。体も一緒に左右にゆらゆら。わき腹や背筋も使うため、シェイプアップも期待できます。
■足をのばしながらかかとを立てて、膝裏を伸ばす。膝裏やふくらはぎの血流をよくすると、高血圧や動脈硬化、婦人科系の疾患にも良い影響がああるとされています。

 

 

以上の3つです。

 

もっともっとできるよ!というやる気満々なあなたへは、足指じゃんけんをおススメします!

足指を動かすことで末端まで血液が行き届き、全身の血行を促進!

さらに足指の筋肉も鍛えられるので、立った時のバランスも良くなり、姿勢美人になれるかも。
朝の1分って貴重ですよね。その時間をストレッチにつかってみる。

時間に追われて、眠気たっぷりなまま一日を始めるのと、さっとお手軽体操をして脳も体も目覚めさせてから一日を始めるのは一日のパフォーマンスが全く違ってきます。

 

冬太りまとめ

冬太りについて書いてきました。

何か今すぐできそうなこと、見つかりましたでしょうか。

 

冬になると私自身がいつも太ってしまって、写真も撮りたくなくて憂鬱な日々でした。

若いころは、冬になるとクリスマス会や忘年会、同窓会や親戚の集まりなど、人と会う機会で太った自分で会うのが嫌で嫌で仕方がなかったです。

そのころは冬に太るメカニズムも知らなかったので、ただ食欲の赴くままに食べて、だらだらと過ごしていました。

 

30代も半ばを過ぎるとだんだんと健康も気になってきます。

美とともに健康の比重が高まってきます。

 

どうしたら冬に太らずに済むかがわかれば、自分に合った対策も立てられます。

こちらの記事ではすぐに取り組める簡単な冬太り対策をご紹介してきました。私自身も全てを完璧に取り組んでいるわけではありませんが、できる範囲で無理なく続けていきます(無理しすぎないってところがポイント♪)

 

冬をより快適に、楽しく、自分らしく過ごしていくために参考にしていただけたらうれしいです(^^♪

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。