39917210 - motsunabe

冬の健康的な食事のポイントをまとめました。冬の食養生とは?高齢者も安心できる健康的な冷え対策について見ていきましょう。

冬の健康的な食事ポイントとは?

冬は寒さが厳しく、冷えも気になりますね。

どうしてもあたたかいものがほしくなります。

冬は体が欲しているものをそのまま与えてあげましょう。

すなわち、あたたかいもの

 

恵みの秋にできた作物を冬に蓄える時期。収穫した作物を体内に入れて、エネルギーを養い貯める時期です。

そして春への準備につなげます。

 

冬は鍋物が恋しい時期ですね。自然と鍋料理が多くなりますが、そうした欲求は自然の流れだったんですね。

あたたかく消化の良いものを取り入れて、滋養につとめることが冬の健康的な食事ポイントとなります。

冬の食養生

冬は体が冷えやすく、乾燥も気になる時期です。冷たい乾いた風が体温と水分を奪っていきます。

こうした体の反応や冬の特徴を補う養生の一つが「食」養生です。

 

冬が本格的になるにつれて、冷えを取り去り、体を温める食事が求められます。

 

冬の食養生のポイント

・固いものや生ものは時に内臓を痛めてしまうので、スープや鍋料理にして柔らかくします。

根菜類は積極的に摂りましょう。地下でエネルギーをためこんだ根菜類は寒さ対策にうってつけです。ミネラルも多く含んでいて、栄養が豊かです。

 

具体的にどの様な食材をとるのが良いでしょうか。

魚介類、肉類、ナッツ類、豆類、根菜類、胡麻など。。。

 

動物性たんぱく質を多めにとることをおすすめします。

エネルギーを効率よく摂取するには良質な動物性たんぱく質が最適です。

 

柔らかく温かく調理して、温かいうちにいただきましょう!

 

冬の食養生についてまとめた動画です↓

 

私個人的に気を付けていることを追加しておきますね。

炒め物、鍋物、スープなどなんでも良いのですが、火を使う料理においてニンニクとショウガを必ず入れています。

 

お肉料理の時は特に多めに入れます。ニンニクとショウガはセットで。細かく刻んで入れれば、子どもでもだんだん慣れて食べられるようになります。

子どもによっても冷えがある子もいますから、冬には食事に取り入れてみてください。あまり入れすぎると子どもは味覚が敏感なので、食べられません(^^ゞ

 

私は自分がもともと冷え性だったこともあって、ショウガを積極的にとりたいので、料理の最後のところで子ども用と大人用と別々にして仕上げをしたりしていますよ。

 

いずれにしろ、ニンニクとショウガは毎日取り入れてみてください。血行促進にもとても良いものです。冷え対策としてショウガを用いる場合は必ず過熱してくださいね。

 

冬に高齢者も安心な食とは?

ddd9a418-c851-492c-a17f-833278af1cfd

 

高齢の方にとって、冬の厳しさは若いときに比べても厳しくなってきます。

関節が固くなってくるところに、寒さでさらに固まってきてしまうので関節痛なども出てきやすいですし、風邪もひきやすくなってきます。

お年を召して来たら、用心をしながら冷えることは避けるライフスタイルを追及していっていただきたいですね。

 

高齢の方も安心していただける冬の食とは、やはりスープもの、鍋ものなど柔らかいものですね。

ただ、のどや食道の柔軟性が落ちていますので、お餅など粘性のものやゼリーなどにはお気を付けください。

 

また、冬場は免疫力が落ちてきて胃腸炎なども多発する傾向があります。魚介などには要注意です。

消化吸収がよくないものを食べると、下痢などの症状に悩まされることがありますね。

 

きちんと過熱調理して体が吸収しやすいものでいただきましょうね。

 

お年寄りや冷え性の方は冬になると夜、お手洗いが近くなることを悩まれる方も多いですね。そのために水分を減らす方もいますよね。

ただ、冬でも意外と水分は不足しているもの。水分補給に気をつけましょう。

朝と夜寝る前の白湯も体の浄化にもおすすめです。

 

 

冬の食養生まとめ

冬の食養生について見てきました。

冬は特に食の持つパワーを利用するメリットがある季節だと感じています。

食材に関して一つ付け加えますね。ラム肉(羊肉)は冬におススメの食材です。かなり温まります。日本だとなかなかメジャーじゃないですよね。

かつて中国に滞在していた時、冬には中国の人たちよくラム肉を食べますね。鍋にして。医食同源がライフスタイルに染みついているんですね。

すごくおいしいんですよ。さっぱりしていて。カロリーも低くて高たんぱく。ダイエットにも最適です。日本でももっと出回ってくれればいいのにな~と思っています(^^ゞ

 

私自身がかつてとっても冬が苦手で、冬になると気分も沈むし、体調も本調子じゃなくなるし、お腹もゆるくなって。。。

そんな体質だったのです。

その後、数年かけて体質改善して、今もまだ継続中なのですが、今はもう冬になっても体調や気分が沈むことはなくなってきました。

 

生まれ持った体質ももちろんありますが、いまからできることはたくさんあります。そのうちの一つが食事です。

特に冬は食でかなり変りますので、焦らず時間をかけて体を楽にしてあげましょう!本当に変りますよ。私が自分自身で実験しましたから(^^)/

 

滋養につとめて、疲れをためない生活が冬に過ごしたいライフスタイルですね。

 

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。