l201207270000

ドラマ「逃げ恥」で学ぶ自尊感情。自尊感情とはなんでしょうか?ドラマの中では星野源さん演じる津崎平匡さんの自尊感情の低さが問題になりますが、自尊感情を高める方法があるのでしょうか。

自尊感情が低い人の恋愛の特徴や自尊感情のチェック法も見ていきましょう!

逃げ恥「自尊感情」とは?

TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

新垣結衣さん演じる森山みくりちゃんと星野源さん演じる津崎平匡さんの社会派ラブコメ、とても人気なドラマですよね。
逃げ恥の中でよく出てくるワードで「自尊感情」があります。平匡さんの「自尊感情」が低いために起こるみくりちゃんとの数々の事件、トラブル。。。

みくりちゃんは大学時代に心理学を学んでいただけに、心理学的に平匡さんを分析していきます。

 

その結果、みくりちゃんは平匡さんのことを「自尊感情」が低い、と分析しています。

 

自尊感情を調べてみますと・・・

自分には価値があり尊敬されるべき人間であると思える感情のこと

自尊感情は自尊心とも言い、自分自身についての評価に関する感情のことです。

自尊感情(self-esteem:セルフ・エスティーム:自己肯定感)とは、自分自身を価値ある者だと感じる感覚です。自分自身を好きだと感じ、自分を大切に思える気持ちのことです。自信と言っても良いでしょう。

 

「自分はこれでOK」「自分は大切」と感じられているあなた。そんなあなたは自尊感情が高いと言えます。

一方、「自分は存在していても意味がない、価値がない」と感じている場合。自尊感情が低いとされます。この状態が続くと、発言や生き方自体にも自信が無くなってきてしまいます。

 

自尊感情が低すぎる場合、学校、仕事、恋愛にも積極的になれなくなってしまいます。

 

自分を認めることができない→他人を認めることが難しいと一般的に言われます。

他人を認めることができないとなると、他人との関係を構築することに大きな壁が立ちはだかります。そして小さなことにも落ち込みやすくなってしまいます。

 

まさしく、逃げ恥の平匡さんですよね。平匡さんの場合、仕事のスキルがあって、コミュニケーション力がそこまで求められていないIT系なのが幸いして、報酬はかなりありそうですね。

自尊感情が低めな平匡さんとしては職業選択としては正解だったのでは?

 

話を元に戻すと、平匡さんは仕事上ではそこまで支障はないものの、恋愛に関しては「プロの独身」を自称して、他人との関係構築を真っ向から拒否しています。

恋愛に持ち込まないプロと言いつつ、やはり自分を認められないことから他人を認めること、受け入れることが難しいのでしょう。。。

 

逃げ恥に学ぶ自尊感情を高める方法とは?

2983132610_ee633c9acd_o

 

自尊感情、自己肯定感を高める方法、と言ってもかなり抽象的でいったいどうしたらいいのか。。。と悩んでしまいますよね。

 

自尊感情、自己肯定感を段階を追って自分のペースで高める。人と比べずに、自分のペースで行うことが重要です。

 

私が試した方法を以下にご紹介しますね。(私自身、自尊感情が低いことに悩んでいた時期がありいろいろ試しました(^^ゞ

その中でこちらを今回ご紹介しますね)

 

4つの視点から日々の生活の中で意識していきます。自己肯定感を4分類してあります。ほかにも分類できると思いますが、まずは4つを見ていきます。

  1. 愛されているという実感(愛され感)
  2. 周囲とやっていけるという実感(仲間感)
  3. 自分はやればできるという実感(できる感)
  4. 自分を愛している実感(自分好き感)

 

この4種類の(~感)を感じる頻度を高めていきます。一日に一度でもいい。その機会をあえて作っていきます。日々折々の出来事や生活の中で意識的に感じていきます。

 

の愛され感の場合、愛されていると感じることを自分でも見つけてみます。自分では見落としていることがたくさんあります。お母さんにお弁当を作ってもらったこと。(あなたが学生さんなら今も作ってもらっているかもしれない)。体を気遣うメールをくれる人がいる。生まれてから今まで何とか過ごせてこれた。。。。こうしたことはご両親や家族、親戚、知人、友人の愛がないと成り立たないこと。

当たり前と思うところにも、たくさん愛されている感覚を見つけることはできます。それを心底実感することで、自尊感情が高まる手助けになります。

 

の仲間感。ある集団に属していたら、自分から話してみるとか、相手が喜ぶことをしてみるとか。なかなか始めは勇気がでないかもしれません。でも周りの人は案外気にしていません。打ち解ける回数が増えてくると、自分には仲間がいる、人とどうにかやっていける、という感覚を持つことができます。そう実感できることは自尊感情を高めることになります。

 

のできる感。自分はやればできる!という感覚も積み上げていきたい感覚です。挫折した経験や失敗をおそれすぎる感覚があると、自分にはできない、と思ってしまうことがあります。はじめから高いハードルを掲げず、手を思い切り伸ばせば届くくらいにハードルをセットしましょう。このとき、簡単すぎては自信にならないので、ちょっと背伸びしてできるくらいを想定しましょう。

個人的な感想ですが、自尊感情の低い人は、このハードルが高い人が多いなと感じます。私は整体院で多くの人と接しますが、自尊感情が低いなと感じることがしばしばあります。

まじめでしっかりしている、とも言えますが、ハードルが高いためにそうそうそんな高いハードル超えられないんですよ。そうすると自分に落胆する、がっかりする→毎日自分にダメ出ししている状態。

これでは自信をつけようがない。始めのハードルは「できそうだけどまだできなかった」くらいのレベルでOKです。例えば、夕食の後、だらだらとテレビを見ていて、洗い場に食器がたまっていたのに、今日は夕食後10分以内に立ち上がって食器を洗えた!とか。

行動を起こすことが素晴らしい前進です。

 

の自分好き感。意外と自分のことが好きじゃないという人が多いですね。そのまま大人になってしまうと、いつの日か壁にぶち当たることがあります。自分を好きで愛していないと自分以外の人を愛することができないとはよく言われることです。

自分の長所、短所、性格、特技、性質など振り返ってみて、どこの誰にもない特徴を探し出しましょう。ユニークで唯一の存在であるあなた。そのユニークさをそのまま見てあげましょう。まずはフィルターを通さずにまっすぐに見つめましょう。フラットな視点から見つめることで、自分を受け入れられるようになってくるでしょう。

私の経験談になって恐縮ですが、私の整体院に来られる方々にも私から見たら素晴らしいセンスや才能なのに、ご自身では全く気付いていない、というケースが本当に多いです。

多すぎるほどです。本当にもったいない!なので、客観的にみられる人を見つけて「特徴」をみつけてもらうっていうのも一つですよ!

 

 

 

 

自尊感情を高めたい主人公は自分の場合もあるし、家族やパートナーの場合もありますよね。お子さんの場合もあるでしょう。いきなりの変化を求めるのではなく、一歩一歩行動をすることに意義があるとおもって進んでいけたらいいですね。達成しやすい目標を作って小さな達成感を得るのも一つですよね。

 

平匡さんの場合は、今までかなり自分にばかりベクトルが向いていたのですが、みくりちゃんと偽装結婚生活を送ることで人生の歯車が回り始めました。

他人との近い距離での関係性。数々のトラブルやイタイ出来事がありつつも、平匡さんは自尊感情を高めていっているように思えます。人は人と関わりあうことで人と交わるスキルを身につけていきます。

もしあなたが人との関わり合いを避けて、もしくはうまくいかなくてできない人生を歩んできたとしても、今この瞬間から先はまた違う人生です。できることは実は意外と身近にあります。

 

自尊感情が低い人の恋愛特徴は?

images-1

 

自尊感情が低い人の恋愛の特徴はあるのでしょうか。

恋愛関係になった場合、付き合って間もないころはまだ相手との距離感がつかめずに自尊感情の高低を問わずぎこちないこともありますよね。

しかし、しばらく付き合って、いろいろできごとを通じて二人のきずなが強まってくる時期としても、自尊感情が低いと必ずしも関係の強固に至らない場合があります。

 

 

以下に自尊感情が低い人の恋愛の特徴を見ていきたいと思います。

⁂相手に過度に見返りを期待してしまう。

⁂相手の感情に振り回されてしまう。

⁂相手の要求にこたえようと無理な努力までしてしまう。

⁂被害妄想が強い傾向があり、悪い想像や想定をしてしまう。

⁂相手に見限られないように行動し、重くなりがち。

⁂重い人間だと思われないように虚勢を張ったりする。

⁂虚勢を張り続けて、疲れていきなり感情的になったりする。

⁂見捨てられないように、振られないように、自分から関係を崩壊させる。

⁂相手の行動が過度に気になる。

⁂連絡が取れないと不安になり、それは時に怒りに変る。

 

 

これはほんの一部と思いますが、恋愛になるととかくバランスを崩しがちになります。

それは何をかくそう、私自身が自尊感情がとても低い人間だったので非常によくわかります。

わかります、というか私そのものです(^^ゞ。

 

恋愛関係ほど密な人間関係はありませんから、自尊感情が低い人は恋愛をしてみるのも「荒療治」になること間違いなしです。

時にはさらに自信を失くしてしまうこともあるでしょう。でもそれは「経験」です。人は経験を通じてしか成長できないからです。

 

むしろ様々な経験をするために生まれてきたようなものなので、恋愛ができるうちに恋愛してみることをおススメします。

相手にもよりますが、付き合い始めのころに相手の方に「自分はどうも自尊感情が低いみたいなんだけど」と相談というか打ち明けてみるのも手です。

 

そうした一言があれば、相手の方も心の準備ができますよね。相手にとってはわけのわからない行動や言動をしたとしてしまっても、フォローをするチャンスがあります。

 

自尊感情チェック方法!

m010071

自尊感情をチェックするサイトがあります。

見たことありますか?あくまで限られた質問に答えていくだけなので、信憑性は?ですが(^^ゞゲーム感覚でしてみてはいかがでしょうか。
OKグラム 性格診断
 

自尊感情まとめ

自尊感情についていろいろと書いてきましたが、いかがでしたか?

上記のチェックはしてみました?私はちなみに「高い」の診断でした。

 

今回自尊感情について書いたきっかけは、私自身が長い間自尊感情が低いまま生きてきて、自分的にはつらくて結構面倒くさかったからです(^^ゞ

私の場合は仕事や恋愛は外から見たら普通のように見えたと思いますが、自分的には壁が立ちふさがっていちいち傷ついたり、悪い影響を受けたり。。。20代は時間やエネルギー、お金もかなり浪費したと思います。

 

今は自分でもトレーニングしたりして、自尊感情チェックでも「高い」と診断されるようになりました(^^ゞ

生まれ育った環境とか大人の影響とかあると思います。でも20歳を超えた人生は基本的に自分のもの。

 

見えている「事実」も自分自身の価値観というフィルターを通じた一つの視点でしかないのです。ダメ出しばかりでなく、どうしたらこれからの人生を開いていけるか、という発想が必要になります。

 

今のまま動かないで同じままでいるのも人生。一歩踏み出して、なんでもいいので行動するのも人生。

どういう人生を進むかはあなたの自由です。

 

どうせだったら傷ついても失敗しても、たくさんの経験をしていく人生のほうを私は選びます。

その経験を生かすこともできるし、人の役にも立てるのではないか、と考えています。

行動を続けた人だけが見える世界を見てみたいから。。。

 

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。