young-couple-enjoying-romantic-sunset-from-car-trunk-picjumbo-comドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』から学ぶ結婚することで得るメンタル的なメリットとは?

「逃げ恥」では契約結婚がテーマですが、ドラマは結婚しているからこそ得られる「ぬくもり」をヒロインたちが実感してしまうような展開に・・・。結婚から得られるメンタル的なメリットについて考えてみました♪

逃げ恥から学ぶ結婚メリット~メンタル編~

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の視聴率上昇が止まらず、お化けドラマとなりつつあります。主演に新垣結衣さん、相手役にマルチなアーティストの星野源さんを軸に旬の俳優さんからベテランまでと絶妙なキャスティングが効いている!とも言われています。

が、逃げ恥の素晴らしさは脚本です!良く練られていて、社会的な問題点や誰もが抱く日常的な悩みなどを小気味よく網羅していて、奇をてらわず安心してみていられるのです。

加えて編集がユーモアたっぷりで、サザエさんや解決日ビフォーアフター、情熱大陸などなど局を横断した番組のパロディを取り入れて、見ているこちら側が思わずフフフと笑ってしまいます。そんな笑いをちょいちょい入れてきて、あらゆる年代の心をとらえています。

ドラマの大御所TBS、さすが!という作品なのです。

逃げ恥の自尊感情とは

逃げ恥では平匡さんの自尊感情の低さが問題になります。

自分には価値があり尊敬されるべき人間であると思える感情のこと。(中略) 学習行動においては、自尊感情が高い人は困難に出会っても粘り強く努力するが、自尊感情が低い人はすぐにあきらめてしまう傾向がある。 また対人関係においては、自尊感情の高い人は、他人からの賞賛や批判にさほど左右されず感情が安定しているが、自尊感情の低い人は、ほめられるとその相手が良い人に思え、けなされると悪い人に思えるようなところがあり、感情的にも不安定な傾向がある、とされる。

(出典:コトバンク)

逃げ恥の中で自尊感情が低いとされている平匡さんは、ヒロインのみくりちゃんに男性の影が見えるとすぐに殻に閉じこもってしまいます。逃げ恥第4話~5話あたりは平匡さんはちょっぴり面倒くさい?男性として描かれています。

逃げ恥結婚のメリットとは?

逃げ恥は契約結婚について描かれた作品ですよね。ヒロインのみくりちゃんはあくまでも就職口として平匡さんに雇われます。平匡さんのマンションに住み込みの家事代行の職を得ます。形としては契約結婚ですよね。

形としてはありかなとも思いますが、相手がそうとう無害なタイプだからこそ成り立つのかな。

生活費が折半になる
そもそもみくりちゃんは家事が得意なようだし、あらゆる面において分をわきまえているので相手にメリットしかないのでは。しかも家賃は折半。水道光熱費に至るまで折半になるわけですから。

実際としては洗面台とかお手洗い、お風呂の共有などに何の抵抗もない人はあまりいないと思うので難しいでしょうけど、こればかりは相性がものを言いますよね。

疲れたな、ハグされたいなというときにハグできる相手がすぐ目の前にいること
誰しも人恋しいときはあります。そういう時に安心してハグできる相手が目の前にいる。これは大きな安心感であり、癒し。契約結婚でそこまで求められることに平匡さんがびっくりしていましたが。。。

私としてはわかりますね(;^_^ ハグや手をつないだりするスキンシップは人間にとってその場の安心感以上に癒しをもたらしてくれます。ただそのぬくもりがあるだけで心が満たされて、また明日も頑張ろう!って気持ちになれます。

結婚のメンタルメリット「幸せホルモン」を得る!

結婚関係でいることのメリット。。。それはなによりみくりちゃんが言うように、安心感や幸せという感覚ではないでしょうか。

「満たされている」「幸せ」という感情について考えていきたいのですが、こういう心地は脳内のホルモンがもたらすものと言われています。

その名も「愛のホルモン」「愛情ホルモン」「抱擁ホルモン」と呼ばれているホルモンがあります。それがオキシトシン。オキシトシンというホルモンが幸せ、と感じる感情に深くかかわっているんです。

「オキシトシン」は脳下垂体後葉から分泌されるホルモンです。女性の分娩・授乳時に分泌が高まることでも知られていて、子宮を収縮させたり、乳汁を分泌させたりする作用があります。

お母さんになったばかりって、まだまだわが子への愛情が薄い場合もあります。それでも毎日の授乳によってオキシトシンが分泌されて、わが子への愛情がどんどん深まっていくんですね。

私自身の敬遠を言えばほんとにそうで、初めてわが子を抱いた時よりも授乳を重ねることで日に日に愛情が深まっていったのを不思議に思っていました(^^

ちなみに「愛のホルモン」オキシトシンは男性からも分泌されます。

オキシトシンの作用とは?

相手に愛情や信頼を感じる
人間関係を作る
人とかかわることができる
気持ちを穏やかにして、闘争心をコントロールする
不安な気持ちを和らげて、幸せな気持ちに
高血圧を抑える
免疫機能・循環機能を高める
脳の疲れを和らげ、学習能力・記憶力を高める
心臓機能を高め、長寿に
エネルギー消費を高め、食欲を抑えて肥満を防ぐ
(webサイト 「WELQ」「健康+生活」「Wikipedia」を参考)

こんなに素晴らしいホルモン「オキシトシン」。どうやったら増やすことができるのでしょうか?

ハグして幸せになる

私たちにあらゆる幸せな恩恵を与えてくれるホルモン「オキシトシン」はハグしたりスキンシップをとることで増やすことができます!(^^

とても簡単なんですね。日本人はあいさつ代わりにハグをする文化ではないですが、夫婦や家族でハグをすることはとっても大切。幸せな気持ちになり、ストレスも和らいで、頭もよくなり、健康になってしまう!(^^

よく独身の人より結婚している人のほうが健康で長生きする、と言われていますが、こういう理由があったんですね。

まとめ

逃げ恥から結婚のメンタル的メリットを見てきましたが、もしハグができるような結婚生活が長きにわたり続くのであれば、それは人生の多くの場面で幸せをもたらしてくれるのではないでしょうか。

プライベートでの充実はもちろん、仕事でも充実した働きができることは間違いないです。

問題は結婚は様々な局面があり、いつでもどこでも平和な日々ではないこと(;^_^。。。それが契約結婚と実際の結婚と違うところかな。。。それでもいろいろありつつも二人で、そして家族で乗り越えていけたらいいかな。一日でもハグできる日が多かったらいいですね。残りの人生!(^^)!

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。