lgf01a201407180100

ためしてガッテンで放送された「出た!「便秘」新対策で劇的改善SP」。番組では便秘解消は食物繊維より大ぜん動を促進することが大切とされていましたね!

ためしてガッテンの便秘対策では「潰瘍性大腸炎」のチェック法も合わせて公開されていました。潰瘍性大腸炎についても見ていきましょう!

便秘解消は食物繊維?

便秘の解消には「食物繊維をたくさん摂ろう!」と言われますよね。果たして本当にそうなのでしょうか??

実は食物繊維は便秘予防には効果的なのですが、便秘の状態にある時には逆に悪化させてしまうケースがあります。

えー!

ですよね(^^ゞ

たしかに便秘の時に野菜やこんにゃくをたくさん食べても効果があまり感じられなかった、という人も多いですよね~。

もちろん炭水化物の摂りすぎは太る原因になりますよね。糖分を摂っていることですからね。しかも炭水化物を早食いしてしまうと、血糖値を急激に上昇させてしまいます。これでは肥満体質へ一直線!

一方、炭水化物を摂らないで生活していると、便秘を悪化させてしまうのです!ここ数年話題になってきたローカーボンダイエット(低炭水化物ダイエット)。これで便秘になってしまった、という方も少なくないですね。

炭水化物が便秘解消に必要なわけ!

炭水化物は水分をかなり含んでおり、大腸の中でカチコチになってしまった便をやわらかくしてくれるのです。

野菜や飲み物からも水分を摂ることはできます。しかし野菜などの水分は小腸でほとんど吸収されてしまうのです!

「難消化性でんぷん」というでんぷんを含むお米は小腸で吸収が終わらないで、水分がしっかりと大腸まで届きます。ありがたいですね~。

このことから、便秘状態の方はおかゆやおうどんなど消化しやすい炭水化物が必要になります。

余談ですが油も便の排出には不可欠ですよ、ただし良質な油にしましょうね!

便秘には食物繊維の種類を気を付けよう!食物繊維2種!

便秘予防には食物繊維を摂ることは不可欠ですよね。

食物繊維には水に溶けるものと溶けないものの2種あります。

ただ、偏った摂取は便秘を引き起こしたり、体調までをもそのバランスを崩してしまいますから、過ぎたるは及ばざるがごとしですね(^^ゞ

不溶性(ふようせい)食物繊維とは

水に溶けない食物繊維で胃や腸で水分を吸収して膨らみます。

便の大きくしたり、腸のぜん動運動をサポートします。

玄米、ゴボウ、キノコ、サツマイモ、かぼちゃ、アボカド、豆、キウイなどなど。

不溶性食物繊維を摂りすぎると

水分を含まない食物繊維!摂り過ぎは便が硬くなります!摂りすぎは腹痛や張りにもつながりますよー。気をつけましょうね。

水溶性(すいようせい)食物繊維とは

水に溶ける食物繊維で糖分の吸収をゆるやかします。血糖値の急上昇を予防してくれます(^^)/
腸内の乳酸菌のエサとなるため腸内環境を整えてくれて、便をやわらかくしてくれます。

大麦、昆布、ワカメなど海藻類、オクラ、サトイモなどなど。

水溶性食物繊維を摂りすぎると

便をやわらかくする食物繊維。摂りすぎると下痢に!体内のミネラル分を体外に排泄してしまうので注意しましょう。

便秘解消には大ぜん動!

毎夜寝る前に「うつ伏せゴロゴロ寝運動」!大腸に溜まったガスを排泄できます。

ガスの存在は大腸の動きを妨げます。

運動で「大ぜん動」が復活!便秘解消への足掛かりとなりますね。

うつ伏せゴロゴロ寝運動のやり方

1、夜寝る前にうつぶせになり、10分そのままで。
2、おへその辺りに枕やクッションなどを入れるのがおススメ。
3、10分後、体を左右にゴロゴロと転がすように傾けます。5往復。

※うつぶせの場所は、硬い場所がおススメ。

※食後2、3時間は避けましょう。

※高齢者や持病のあるかたは柔らかい床面で体調をみながら各自の判断でされてくださいね。

便秘に注意!潰瘍性大腸炎のチェック法!

「潰瘍性大腸炎」とは、大腸に原因不明の炎症が起き、びらんや潰瘍を形成する病気です。症状は粘血便(ねんけつべん)、下痢、腹痛。

若い成人に多く発症しますが、50〜60代の人もいます。

欧米人に多い病でしたが、最近は日本でも急速に患者数が増加。

以前は治療が難しいと病気でした。現在は新薬で症状を抑えることができます。大切なのは早期発見。

潰瘍性大腸炎のチェック!

1、血便、あるいは白いゼリー状のものが便に混ざる
2、原因不明の腹痛や、熱などの体調不良
3、体重の急減
4、下痢と便秘の繰り返し

以上の症状があれば、潰瘍性大腸炎の疑いが考えられます。

よくなったり悪くなったりを繰り返すために、もう治ったかな?と思いがちです。

症状のある時には、高脂肪食や繊維質の多い食事やアルコール、香辛料をひかえます。腸への刺激を引き下げましょう。
肉体的、精神的ストレスをきっかけに悪化することもありますから、ストレス対策も必要となりますね。

※厚生労働省の特定疾患に指定されています。申請すると医療費の補助を受けることができます。一応、申請前でも医療費の領収書は保管しておきましょう。

症状があるならば早めに受診されては。。

まとめ

便秘と一言で言っても色々ありますね。また大きな病気が隠れている場合もあります。腸の環境を良くすることは大切ですね。

私の整体院にも無理なダイエットや偏った栄養バランスのために便秘の方がたくさんおられます。ちょっとした食生活の習慣を変えるだけであっという間に便秘が改善することが多いです。

もちろん整体的なアプローチも有効ですが、食生活で改善できる部分もとても大きいです。ぜひ毎食毎食を大切にしていきましょうね(^^)/

それでは最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。