27487123000057075164_full-1038x576
ためしてガッテンで「大腸がんにならないぞSP」が放送されました。大腸がん撲滅を掲げて、内視鏡検査で腺腫を除去し続けることで大腸がんになりにくい体質になる?便秘も解消しちゃうとは?

ためしてガッテン大腸ガンにならないぞ!

NHK健康情報番組の「ためしてガッテン」で「大腸がんにならないぞSPが放送されましたね。

日本では大腸がんを患う人が増えているそうですね。その数なんと5万人!これほど多い方が大腸がんで亡くなっています。

最新の大腸内視鏡検査を効果的につかって、将来的に大腸がんになりにくい体を手に入れることができるようです!

大腸内視鏡検査?なんだか抵抗ありますが、これ自体にもかなりのメリットがあるようなので見ていきましょう。

大腸内視鏡検査は将来「大腸がんになりやすいか、それともならないか」がわかります。良性ポリープの模様が「がん体質」を教えてくれるとのこと。

大腸がん健診に欠かせない大腸内視鏡検査って?

大腸内視鏡検査とは、内視鏡スコープを肛門から挿入します。モニター画面に大腸内部を映し出すことができます。そして医師が大腸内部を観察する検査です。

前日から食事制限を行い、検査当時には下剤を飲んで、大腸の中を空っぽにします。

内視鏡の尖端に小型カメラとライトがついていて、処置のほか手術までできちゃうすぐれもののです。

内視鏡の検査精度はどんどん進化しています。大腸への挿入が比較的に容易にできるよう操作性が改良されていますし、それにとって患者さん側の負担は以前より楽になっているようです。

炎症やポリープなどが見つかった場合、病理検査のために組織を切除するケースもあります。

ポリープも大きさや状態次第でその場で切除することもあります。これをポリープ手術と言います。患者さんの負担も少ないですね。

内視鏡は、長く曲がった腸を、内視鏡で押し伸ばしながら奥に進んで行きます。このために痛みが生じることが人によってはあります。

このため、多くの病院における検査では麻酔が使われています。

内視鏡で押し伸ばしながら腸を進んでいく時に、空気や二酸化炭素で腸管を膨らませて腸のひだも見ていきます。空気を入れていくのでお腹が張ることもあります。

大腸内視鏡検査で腺腫を除去!

大腸粘膜にできる組織を大腸ポリープといいます。

ポリープは、直腸とS状結腸によくできます。大きさといえば、数ミリから3センチ程度まで幅があります。

大腸ポリープ、という名前は聞いたことありますよね。大腸ポリープには二種あります。

1、腫瘍性

2、非腫瘍性

腫瘍性は腺腫(せんしゅ)といわれます。この腺腫がとても重要です。

大腸に100個以上の腺腫ができるのを大腸腺腫症といいます。

そのままにしておくと大腸がんになってしまいます。

この腺腫は大腸内視鏡検査で見つけることができ、その場で切除することができるのです。大腸検査のたびに取り除いておけば、大腸がんに至らずに済むのです。

 

便秘やライフスタイルを改善していこう!

大腸内視鏡検査をする際には必ず「下剤」で大腸のクリーニングをします。

これによって便秘が良くなってしまう人もいるのです。

便秘の原因は様々ありますが、古く硬くなった便が腸にこびりついたまま動かなくなって、さらに便秘を引きおこしていく場合があります。

下剤の効果はこの状態を一掃してくれるので、一気に便秘が改善する場合があるんですね。強制的に便を排泄することで腸が正常に働きだすんですね。

これだけでも大腸内視鏡検査はする価値がありそう?

大腸がんにならないぞ!まとめ

最後に大腸内視鏡検査の費用を記しておきますね。
大腸内視鏡検査はなにか症状がある場合は保険が適用になりますが、なにもない場合は自己負担になります。

大腸内視鏡検査の費用
大腸がん検診(便潜血検査)で陽性、または下血・排便障害などの症状がある場合
⇒7千円~3万円(保険適用)

特に症状がない場合
⇒自由診療で3万円~9万円(自己負担)

ちなみに私は大腸洗浄を毎日しています。洗腸というものです。これで自分は毎日元気でいられると思います。腸の健康はとても大切です。

腸が元気がないとメンタルも元気がなくなってきてしまいます。便秘の改善やライフスタイルを見直すことも大腸がんを予防するに欠かせないことです。この機会に食事や運動なども見直してみましょうね(^^)/

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。