lotus-1205631_960_720

ためしてガッテンで特集された「瞑想法」。一日たった3分でできる脳が若返るやり方とは?

成功する世界のIT起業家やセレブたちが習慣としている「マインドフルネス」とはいったい何でしょうか?

ためしてガッテン「脳が若返る」瞑想パワー!

ためしてガッテンで特集された瞑想のパワー。ボケを防ぐ力をもち、不安やストレスに打ち勝つとも言われているのが瞑想。

さらに脳の若返りも取り戻せるといわれています。それが瞑想。

日本ではまだまだ瞑想とはお坊さんとかヨガでの世界、と思われていますよね。一般的には広がってはいませんが、欧米では一流企業のトップや世界的アーティスト、トップIT起業家たちがこぞって取り組み、自らの能力と会社の能力を最大限に引き出すことに力を入れています。

 

脳が若返る瞑想法は一日たった3分!?

脳が若返るといわれている瞑想法。どれだけ難しいのでしょうか?と思いますよね!

実は、毎日たった3分間目をつぶってめい想の呼吸を行うだけ。たったそれだけでもその効果は計り知れません。

脳の記憶の中枢を担っている「海馬」などが活性化し、若い頃と変わらぬ能力を発揮するのです!

たった3分でその効果が現れるのなら、やらない理由はありません。ぜひトライしてみましょう。

脳がボケない3分間瞑想法のやり方

瞑想自体は日本でも座禅などでも取り入れられていて、長い歴史のあるものですよね。小さなころお寺の座禅会に参加した覚えはありませんか(^^♪

ヨガをされている方なら瞑想は比較的、身近な存在ですよね。

ここでは座禅やヨガをしなくてももっと手軽にできる瞑想法「マインドフルネス」を3分間にしたバージョンでご紹介していきます。

姿勢

楽な姿勢で行います。背筋は伸ばして。椅子でもOKです。
目をつぶるか、薄目を開けます。
口は閉じて、舌を上あごにつけます。手は膝の上です。

体の力を抜きます。楽に、リラックスして。

鼻呼吸していきます。

最初の1分間

自分の感覚を見ましょう。
視覚、聴覚、触覚、味覚、考えに注意します。

次の1分間

呼吸に注意を向けます。
それだけを見る意識です。

最後の1分間

自分の体に注意を向けます。
空気の出入り、脈、痛み、かゆみなどなど。

※急性期、重度の精神疾患をお持ちのかたは、専門医と相談の上行いましょう。

お手軽!脳若返り瞑想法!

3分間瞑想法のほか、お手軽な瞑想法も紹介されていました!

ダーツ

短時間で高い集中力を求められるダーツ。

そもそも瞑想はシータ波がたくさん出て、浅い睡眠状態が期待できるものです。ダーツで楽しみながらシータ波が出るなんて!こんなにお手軽な瞑想法、いいですね(^^♪

お昼休みにダーツしたら、午後のお仕事のパフォーマンスはばっちり!

模型

模型作るの、男の子は子供のころ良く遊んだのではないでしょうか。確かにダーツと同様に、すごく楽しくて熱中しますよね。

脳と情報処理の専門家である、東海大学情報理工学部の高雄元晴さんが、模型製作で極めて強いシータ波が出ることを確認しました。

子どものころに戻ったつもりで模型を作ってみるのもいいですね!

瞑想まとめ

現在の瞑想法、マインドフルネスについてみてきました。

アメリカではビジネスのトップたちが自分の生活に、そして企業の能力開発にと、積極的にマインドフルネスを活用しています。

日本でも有名な人気モデル・ミランダ・カーも日常的に瞑想を取り入れていることを以前インタビューで話していました。

あふれる情報の中で、絶えずクリエイティブでいるために、瞑想法はこれからの世界で生きるために必要なエクササイズなのかもしれませんね。

ちなみに私も3分間瞑想法をやってみました。とても気持ちよくて、軽い昼寝をとったみたいでした。これならお仕事の合間にもできそうです(^^♪

続けてみようかなと思いました。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。