900_min
ためしてガッテンで取り上げられました「肝脂肪」無理なダイエットで肝脂肪になってしまうって本当でしょうか?正しく痩せていくのに必要なこと3つのポイントとは?ダイエット中の方は要注意です。

ためしてガッテン「肝脂肪」とダイエットの関係とは?

ダイエットを繰り返している方、あなたにお聞きします。

減量が「肝脂肪」に至る可能性があることをご存知ですか?

さらに糖尿病になる危険性も高まります。肝がんの可能性も高まります。

ためしてガッテンの番組では自称ダイエットの達人25人を調査したら、そのうちの11人の方の肝臓が脂肪肝状態に!その原因は・・・「無理で急激な体重の増減」により、肝臓が混乱していたこと。

ダイエットで肝臓がヘトヘト⇒肝脂肪

肝臓は体のエネルギーを脂肪という形で蓄えます

食料量が増えると、余ったエネルギーを肝臓が脂肪として蓄えるんですね。

この状態が長期間続くことで「肝脂肪」になってしまいます。

あれ?これならたくさん食べている人が肝脂肪になるんじゃない?

そうですよね、しかし、無理なダイエットは体を飢餓状態に陥れます。全身の脂肪細胞と筋肉がやばい!と認識してエネルギーを出します。

こうなると、筋肉が減少して代謝が落ちます。つまり、体が消費するエネルギー量が落ちます。代謝が落ちゃうんですね。

その結果、肝臓に脂肪が溜まりやすい状況になってしまうのです。

さらにダイエットの後で食べ過ぎてしまうと、脂肪が溜まりやすい状態に更に食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられています。

より恐ろしいことは、この状態で万が一食べ過ぎてしまうと・・・脂肪がたまりやすいうえにさらに肝脂肪が悪化していきます!

肝脂肪を見つけるには?

肝脂肪は自覚症状がないです。これは要注意ですね。自分では気づくことが基本的にはできません。

お酒を全く飲まなくても肝脂肪になるとは驚きですよね。太っているから、とか、お酒を飲むから、肝脂肪になる、と言われていましたが、今ではそれとは関係なくても、無理なダイエットでもなることがわかってきました。

気になる肝脂肪を見つけるには?

・病院での超音波検査
・血液検査

で見つけることができます。血液検査では肝臓の数値(ALT)40以上は要注意と言われています。

肝脂肪は放置しておくと、肝硬変や肝がんの可能性も高まりますので、気を付けておきたいですね。

肝臓にやさしい!正しいダイエット法ポイント3つ!

肝臓に負担をかけない、正しいダイエットを考えていきましょう。

まず、体重の変化ですが、半年で10㎏の減量が正しいダイエットの速度と言われています。それ以上のダイエットは肝臓を初め、体の各部に負担を与えてしまいます。1ヶ月に1.5kg程度の計算になりますね。

正しいダイエットその1・・・適度な運動

激しい運動は体に負担になってしまいますね。毎日ウォーキングを30分から60分。これとストレッチを組み合わせればかなりの運動量になります。

コツは毎日続けることです。なかなか毎日は難しいですけど、できる範囲でいいのでぜひ続けましょう!雨の人か、体調が悪いときなどはストレッチだけとか、自分の中でリズムを作っていきましょうね。

正しいダイエットその2・・・適切な食事

食事と運動を組み合わせると、効率的にダイエットすることができます。ただ、運動以上に最新の注意を払いたいのは食事の内容。

栄養素は簡単に不足します。量を減らすのは白米やパン、麺などを少なくして、肉や野菜、お魚、豆類など栄養素を大量に含む部分は極力減らさないようにしていきたいです。

正しいダイエットその3・・・睡眠

寝ないと太ります!それは寝ている間に出るべきホルモンが出にくくなる「ホルモンの分泌異常」が起こるからです。

ホルモンがきちんと分泌するには最低でも6時間は寝たいところです。

睡眠不足になると成長ホルモンにも影響し、肌がボロボロになってきます。太るだけでなくお肌がやばくなってきます。美しくエイジングするにも睡眠は必ずとっていきたいですね~。

肝脂肪とダイエットのまとめ

私自身、10代から20代のころ、夕食抜きダイエットとかしていましたね。懐かしいな。頑張っている割には痩せなくて、しかも栄養不足で体にパワーがでなくて。。。

ほんとに悪循環でした。

今のように健康に関する知識があれば、食事もちゃんととって、健康的に痩せられたのにな~。と思います(^^ゞ

痩せないだけじゃなくて、病気になってしまうとは・・・。間違ったダイエットはかなり危険な行為ですね。適度な運動と食事、睡眠。一緒に気を付けて健康的な毎日を過ごしていきましょ♪

最後までお読みいただきましてありがとうございます。