backstage-951953_960_720
肩こりの簡単なストレッチがあれば、お仕事の合間のちょっとした時間にできますよね。

肩こりの方は肩甲骨まわりがカチコチになっています。ココにアプローチできる簡単な肩の体操です。動画でご紹介していきますね☆

肩こり簡単ストレッチ体操

 

 肩こり簡単ストレッチのやり方

肩こりの簡単ストレッチをご紹介していきますね。

①体の前で手を組みます。手はまっすぐにします。

②左手で右手をナナメ左前へ引っぱります。

③右の肩、肩甲骨まわりがグーーっと伸びるのを感じます。じっくり伸ばしましょう。ムリしないでね。

すごーく気持ちいいですよね~。

④ゆーっくり戻します。

⑤こんどは反対側です☆右手で左手をナナメ右前方向へ引っ張りますよ。

⑥左の肩甲骨周りを伸ばします。グーッと。

⑦ユーッくりと戻します。

 

肩こり簡単ストレッチ注意点!

簡単に肩まわりが伸びる、とっても気持ちよい体操です。簡単というのが一番のポイントですね。長続きできるのが一番ですから、簡単に手軽にできる体操。自信を持ってお勧めします(^^)/

ここでこの簡単体操の注意点があります!

力を抜く

力を入れていては、筋肉に余分な緊張が入ってしまいます。筋肉は緊張すると疲労物質が流れていってくれません!この状態ではストレッチすればするほど疲れてしまいます(^^ゞこれでは逆効果ですから、力は抜いて。意識をしないように。気持ちの良い草原で体操しているイメージで(^^)

 

意識を集中

腕を伸ばすときに、意識を肩甲骨周りに集めてくださいね。意識をすることでより肩甲骨周辺の筋肉の程よく伸びます。ただ漫然と体操を行うのではなく、意識をして、短時間で効果的な体操にしましょうね♪

 

まとめ

日々の筋肉の酷使が肩こりとなってしまいます。肩こりというのはほおっておいても決してよくなりません。同じ生活を続けているとしたら、このままではますます悪化してしまうんですね。

どこかでこの悪循環を断ち切って、新しい健康習慣に切り替えていきたいんですね。「健康習慣」といっても「健康生活!!」みたいな超ヘルシーライフ!!という感じではないです(^^ゞ

いきなりすべてを変える、というより、できることをできる範囲でやっていく感じです。今回ご紹介した簡単な体操を日常のちょっとした時間に取り入れて、同じ姿勢をキープしないようにします。

常日頃から肩まわりを動かして、同じ部分ばかり使わないようにしたいですね。毎日の積み重ねなので、ぜひ簡単体操を続けてみてください。

私自身、肩を使いすぎたときなどこの体操をしています。すると肩まわり、特に肩甲骨の内側がぎゅーっと伸びて本当に気持ちいいです!

毎日ちょっとした時間を使って体操をして、肩こりフリーな生活を手に入れましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございます☆