o_1ab8v4ncl1jdk13kb1bp3105flb07_new

肩こりからの吐き気、本当につらいですよね。ここでは肩こりから吐き気までするような強い痛みの原因について考えてみます。

また、薬はのんでいいのか、肩こりに対する整体についても。

吐き気まである肩こりの原因とは?

吐き気まであるような強い肩こりの原因を探っていきます。肩こりの原因は以下が考えられます。

  • 筋肉の緊張
  • 骨格のゆがみ
  • 目の疲労
  • 腕の披露
  • 重心のズレ
  • 内臓のダメージ
  • ○○の影響

などたくさんあります。

また筋肉のハリと一言で言っても、全身の筋肉は連動していますから、必ずしも肩の筋肉だけではありません。

さらに、上に書いた原因の一つ一つは相互に関連することが多いです。
肩のコリとは、全身に関わること、と当院は考えています。

肩こり頭痛で薬を飲んでいいのか?

肩こり頭痛で薬を飲んでいいのか?という質問もよくいただきます。

たしかに、薬を飲むことで頭痛は緩和します。だけど、このまま飲んでいていいのかなと思いますよね。

私もかつてはひどい肩こりと頭痛に悩まされたのでよくわかります(^^;

今すぐに大事な仕事があって、でもひどい頭痛があってどうしようもない!というジレンマにあった場合は、薬を利用する、というのも選択肢の一つだと思います。

ただ、胸に置いておきたいことは、頭痛薬でなくなっている痛みはまた必ず戻ってくる、ということです。

頭痛には原因があります。その原因に対して対処しない限り良い方向へは行きません。頭痛薬では頭痛が治っていることにはならないです。

それから薬によるお体へのダメージも考慮していただきたい点です。

次に肩こりに関する筋肉と肩こり整体について。。

肩こりに関係する筋肉と肩こり整体

肩こりに直接関係する筋肉は

僧帽筋、肩甲挙筋といった肩や背中上部の筋肉

s_s_yjimage
そして胸鎖乳突筋や斜角筋といった首を支える筋肉

yjimagegg
が主に考えられます。
肩こりを訴える方は必ずと言っていいほど、上記の部位が張っています。

当院の整体では、必ずこれらの部位を優しくゆるめていきます。普通のマッサージや整体では、ここまでではないでしょうか。

つまり、肩こりなら肩のまわりを施術で終わり。


しかし、ここで終わってしまうと、一生その整体院や整骨院、マッサージ店に通うことになります。

本当にしていきたい施術とは。。。筋肉は相互に関係しあっていますので、足や腰など全身の筋肉もゆるめていきます。

そうすることで、おからだは「あ、ゆるんでいいんだ」と認識し、気持ちよい方向へ向かっていけます。

逆に、肩こりの肩に目を奪われると、本質を見ないことになってしまいます。

本当の原因は違うところにある場合、全身が関係している場合、また何回も何回もその整体院に通わなければならないのです。

またすぐ痛くなってしまうからですね。

ここには詳しく書きませんが、肩こりには精神的な要因も関わっています。

ストレスや緊張下では人は、ヒュっと首をすくめています。するとその時間が長ければ長いほど、筋肉が張ります。気分的にも心がヒュっとなります。

するとお体がいつも緊張し、呼吸が浅くなります。内臓の働きも悪くなります。

「整体」する、ということは、こうしたところから考える必要があります。

お体のコアから整える整体が本来のお体に戻るために必要なことです。肩こりだけでなく、お体全体の健康とバランスを軸に施術を進めてまいります。

あなたが肩こりから自由になる日を応援しています!

お読みいただきましてありがとうございます!