unnamed
妊娠初期に頭痛で悩む方は多いですね。つわりが始まると同時に頭痛も併発する人もいいです。

私自身、つわりと頭痛がセットだったために妊娠初期はつらい思い出です。原因をさぐり、対策を考えてみましょう!

 

妊娠超初期の頭痛。原因と特徴

妊娠超初期におこる頭痛には「偏頭痛」があります。

ズキズキという脈打つような痛みに襲われて、嘔吐したり、時にはまったく起き上がれなくなることも。

もともと片頭痛に悩まされていた方も、また今まで片頭痛はなかった方もいます。

この頭痛を引き起こすもの…妊娠初期にたくさん分泌される「黄体ホルモン」に影響をうけています。

黄体ホルモンに働き

着床した受精卵のために、子宮内膜を柔らかくしたり、血管を広げて血液循環を良くします。

拡張した血管の周りには神経があるため、ドクドクと脈打つことで神経を圧迫→頭痛という流れです。

その神経には嘔吐を引きおこす神経も関連しているため、吐き気に至ることもあります。

ズキズキ頭痛は今順調に赤ちゃんが大きくなっていく証拠であって、準備が着々と進められている証拠なんですね。

 

妊娠超初期の頭痛対策

(1)拡張している血管を冷やす

偏頭痛は血管が広がることで痛みを引き起こします。

冷やしたタオルや冷却材などをこめかみや後頭部など痛む箇所にあてます。すると血管が収縮し痛みが緩和されてくるでしょう。

 

(2)光を調節して安静に

偏頭痛は動くと痛みが強くなります。というのも血行が良くなることが痛みを呼ぶからですね。

光や音、においなどの刺激自体に過敏になっています。ライトは落とし気味にして、安静にするのがオススメです。適度な睡眠時間を確保しましょう。これを機会に間接照明を取り入れてみてはいかがでしょうか。目が楽ですよ。

 

(3)コリが原因の時は温め!

頭痛が肩や首のコリからの時は血行を良くする必要がありますね。ゆったりとお風呂もかなりおすすめです。

片頭痛とは逆の対策になるのでご注意くださいね。

 

(4)貧血が頭痛の原因かもしれない

妊娠中は血液を大量に必要になりますから、一気に貧血になってしまう場合もあります。この時期に鉄欠乏症貧血になる人もいます。必要な酸素や血液が供給されないために頭痛になることも多いです。

貧血になると、食事療法だけでは時間がかかる場合もあります。病院で鉄剤を処方される場合もありますので、一度病院で採血して調べてみてもいいかと思います。

普段から良質なたんぱく質を食べる!と心がけてみてくださいね!

☆鉄分豊富な食材はレバーがなんといってもダントツ!

☆赤みのお魚、お肉、豆腐、納豆など、必ず毎日食べるようにしましょうね。

 

妊娠初期頭痛まとめ

妊娠初期の頭痛、本当につらいですよね。いつになったら終わるんだろう~とお先真っ暗な気分だと思います。私自身そうだったのでよくわかります。。。

それでもつわりの終わりと同じくらいにだんだんと良くなってくることが多いです。

つわりが終わる時期になっても頭痛だけが続くようでしたら、コリによる頭痛と思われます。コリ対策によって頭痛を解消していくことになりますね。

いずれにしても着実に赤ちゃんは成長し、出産への道のりを歩んでいることには変わりがありません。すこしでも痛みが減り、スムーズな妊娠期を過ごされることを祈っています!

お読みいただきましてありがとうございます(^_-)-☆

感謝の中で。

めぐりの部屋