o_1aqes1v8kc9t1oubqsas2d1dvf7_new
産後の腰痛で起き上がれないほどいたい。育児も家事もつらい毎日。本当に大変ですよね。その原因とは何が考えられるのでしょうか?どうすればいいのでしょうか。

産後の腰痛で起き上がれない!どうして?

産後の腰痛で起き上がれないほどひどい事があります。人によっても痛みの具合が違いますが、介助なしでは起き上がれないほどの方も。

本当に大変ですよね。

出産というのは体にとっては一大仕事で、女性の人生の中でも大変エネルギーを使いますよね。

同じ妊娠出産であるはずなので、どうして人によって腰痛がほとんどない人と、起き上がれないほどの痛みがある人がいるのでしょうか?

産後の腰痛で育児も家事もつらい!

産後は出産という大仕事を超えたばかりですから、本来であればゆったりと回復につとめたいものです。

しかし、赤ちゃんは生まれてすぐに授乳が必要ですし、たとえミルクにするにしてもおむつの替えや体温の調節、入浴など付きっきりのお世話が必要です。

始めの数カ月は昼も夜もない生活で、出産で体力を使ってまだ回復途上にあるなかで、育児は怒涛のように始まります。

その生活スタイルの一変ぶりは、ほかのどんなライフイベントも及びませんね。

加えて、上にお子さんがいたり、親御さんや知人の助けが借りられない場合は、家事まで一気にのしかかってきます。

これでは誰しもへとへとになってしまいますね。そのうえ腰痛まであっては、本当に大変です。

産後腰痛の原因とは?

産後腰痛に原因として考えられるものを書いていきますね。もちろんそのほかにもケースバイケースであります。ここではひとつの例として考えてみてください。

①骨盤廻りの筋肉の緊張

骨盤廻りの筋肉が緊張しているために、筋肉に付随している骨盤がゆがみます。そして神経を圧迫するなどして痛みとして出てくるケース。

この場合は、骨盤矯正をしても、筋肉に原因があるためにすぐに戻ります。

②椎間板ヘルニア

もともと椎間板ヘルニアだった方や、治ったと思ったのに椎間板ヘルニアが再発した、という方もいます。

椎間板ヘルニアとは椎間板のクッション機能が低下して、急性・慢性の負担が腰にかかることで線維輪(せんいりん)に亀裂が入り、内部の髄核(ずいかく)が裂け目から飛び出し、神経を圧迫することで急激な腰痛に至ります。

妊娠出産産後という腰に負担がかかることで悪化させてしまう場合があります。

③骨折やヒビ

骨が骨折していたり、ヒビが入っている場合があります。これは意外と自分では気付かないのですが、整体の現場ではあることです。腰痛の患者さんに普通にあることです。圧迫骨折している場合、自分では気づかないことが多いのです。

④じん帯

妊娠中から出産にかけて、じん帯がユルみます。そうすることでお腹の赤ちゃんがどんどん大きくなってもムリなく骨盤を開くことができ、妊娠出産ができます。

これはリラキシンという靭帯を緩めるホルモンが分泌されているから。

出産時にはピークになり、靭帯を緩めて出産がスムーズにできるようになります。そこをピークに徐々にホルモンの分泌はへっていきます。

ただ、この靭帯の緩みが上手に元に戻っていかない場合もあります。一方で、筋肉が緊張していたりすることで靭帯はゆるんでいるので、筋肉は緊張しているというアンバランスから腰痛に至るエースもあります。

⑤ストレス

腰痛の最大の原因はストレス、とも言われており、腰痛は原因不明、もしくは治療法がない、と言われてしまう場合があります。

産前産後はいつもとは違う環境になって、ストレスがかかる時期でもありますから、腰痛となって現れている場合もあります。

話す相手がいなかったり、1人で育児をしなければいけない場合はさらにストレスが溜まるでしょう。ストレスに対する耐性は個人差があります。さらに育児環境は千差万別なので、人と比べることはナンセンスですよね。

まとめ

産後腰痛をまとめます。

腰痛に至る原因はココでは書ききれないほどあります。

痛みというのは体からのサインです。今のままの状態では体が(もしくは心が)つらいよ、と教えてくれています。

痛みは辛いもので、一刻も早く取り除きたいと思いますよね。病院に行くのもひとつです。レントゲンなどで原因究明をしてくれるでしょう。しかし、必ずしもそうした方法で原因がわかるかはわからないのです。

また蛇足ですが、一般的に行われている「けん引」には症状を改善させる効果はないといわれ始めています。

保険は効きませんが、整体という方法もありますし、その他の方法もあるでしょう。整体と言っても今は痛みのない整体も多いです。

まずは少し余裕をもって、心身を休める時間をとることから始めてみてはいかがでしょうか。

あなたの痛みがなくなり、体のバランス、心のバランスを取り戻し、赤ちゃんとの笑顔の日々を過ごせますように。。。